2019年 12月 11日 (水)

ソラーテだけが悪者ではない? 関係者が見る「モチベ低下」の背景

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「セクシータイム」が早くも終わりを告げた。

   阪神は2019年9月9日、ヤンハービス・ソラーテ内野手(32)との契約解除を決めた。ソラーテは9月6日の広島戦を前にして「モチベーションが上がらない」との理由で帰阪。球団はソラーテの行為を問題視して契約解除に踏み切ることを決めた。ソラーテは9日に帰国した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

虎党からは真相究明を求める声も

   鳥谷敬内野手(38)への引退勧告、掛布雅之氏の退団。シーズン終盤戦でゴタゴタ続きの阪神だが、今度は外国人助っ人が退団することに。しかもソラーテは7月22日に入団したばかりで、日本デビュー戦となった26日の巨人戦でいきなり決勝2ランを放つ活躍を見せた。「セクシータイム」と称したダンスを披露するなど、陽気な性格で虎党の心を鷲掴みにした。

   今回の契約解除の引き金となったのは、ソラーテの造反行為とみられる。6日の広島戦に向けて広島入りしたものの、グランドに姿をみせずに帰阪した。その理由については「本人のモチベーションが上がらないため」とされ、体調不良などではないという。前代未聞の「職場放棄」となったが、契約解除に至るまでの経緯が判明せず、虎党からは真相究明を求める声が上がっている。

   ソラーテのモチベーションはなぜ上がらなかったのか。日本の球団で長らく外国人選手のケアをしてきた元球団職員は「球団と本人のコミュケーションが取れていなかったのではないでしょうか」と指摘し、次のように続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中