2019年 12月 8日 (日)

NPB脱退の日本プロスポーツ協会とは一体? 事業は「大賞」と「年鑑」、ただし後者は...

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日本野球機構(NPB)は2019年9月9日、公益財団法人日本プロスポーツ協会(JPSA)からの脱退を発表した。NPBの井原敦事務局長は脱退の理由に関して、ガバナンスとコンプライアンスに問題が生じたことを挙げ、今月3日にJPSAに対して内容証明郵便で脱退する旨を通知したという。

   公益財団法人であるJPSAは、1968年にプロスポーツ連絡会として発足。90年に財団法人として認可され、現在の名称に変更した。初代会長は通産大臣、農林大臣などを歴任した元衆議院議員の櫻内義雄氏。2代目には元参議院議員の柳川覚治氏が就任し、3代目は森喜朗元首相が務めた。現在は元衆議院議員の島村宜伸氏が4代目会長を務めており、歴代会長全員が元国会議員である。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

歴代受賞者はスポーツ界のレジェンドばかり

   JPSAが制定する「日本プロスポーツ大賞」は、プロスポーツ界において権威の高い賞として知られ、過去にはプロ野球の長嶋茂雄氏や王貞治氏、大相撲の横綱大鵬らが大賞を受賞している。大賞受賞者・団体には、内閣総理大臣杯が贈られることも同賞の権威を高める理由となっている。2018年度はMLBエンゼルスの大谷翔平(25)が受賞し、安倍晋三首相直々に賞杯を手渡された。

   今回のNPBのJPSA脱退報道を受けて、ネット上では様々な反応が見られたが、なかでも多く見られたのは、日本プロスポーツ協会とは「どのような団体なのか」というものだ。J-CAST編集部は、同協会に取材し、活動内容などについて聞いた。

   現在、JPSAには、日本相撲協会、日本プロサッカーリーグ、日本プロボクシング協会、日本プロゴルフ協会などNPBを除く13団体(競輪とオートレースは1団体とみなす)が加盟している。これらの加盟団体から毎月、会費が支払われ、これがJPSAの財源のひとつとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中