2019年 9月 19日 (木)

新たな「縛り」?新総務相の反応は? ケータイ新戦略「他社回線でも機種半額」を読み解く

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ソフトバンクが「最新スマホが最大半額OFF」をうたう「半額サポート+(プラス)」を開始した。ソフトバンク回線を契約していなくても利用可能だといい、au(KDDI)も続いて、同様の「アップグレードプログラムDX」を開始すると発表した。

   2019年10月1日から施行される改正電気通信事業法では、回線契約と端末購入をわける、いわゆる「分離プラン」が義務化される。今回の「半額サポート+」や「アップグレードプログラムDX」は、それを受けての新サービスだが、実際には回線も端末と同じ事業者を選ばせる策なのではとの指摘も出ている。

  • スマホの買い方が変わる?
    スマホの買い方が変わる?

新たな「縛り」が生まれるとの指摘も

   新サービスでは、月額390円の「プログラム料」を払った上で、48回の分割払いで機種を購入し、25か月目以降に指定の機種へ買い替え、旧機種を返還した場合に、最大24回分の割賦金が支払い不要になる。25か月ちょうどで機種変更すれば、ちょうど「半額」になるカラクリだ。9月20日に発売される新型の「iPhone 11」も対象機種となっている。

   ここまでだと「他社回線を契約していても、ソフトバンクやauのお金で安くスマホが買えるんだ。やったね!」と思うが、当然ながら注意も必要だ。そのひとつは、購入から100日間、SIMロックが原則として解除できないこと。これは不払いを防ぐために設けられた制約だが、「格安SIM」ではSIMロック解除が必要なケースが多く、最低3か月待つ必要が出てくる。

   これらのサービスは、たしかに料金プランとセットではないため、表面的には「分離プラン」だ。しかし、SIMロックを「実質的な縛り」とみなして、改正電気通信事業法には違反していないが、法の趣旨には反していると指摘する識者やメディアもある。各社報道によると、9月11日の総務省の有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」(第17回)では、出席者から100日縛りが「囲い込み」につながるのではとの指摘が出たという。あわせてネット上では、機種の返却時に、指定機種への買い替えが必要なことも、新たな「縛り」なのではとの声もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中