2021年 3月 9日 (火)

ふるさと納税から返礼品が消える? マスコミ論調と総務省の苦悩

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

各紙社説では...

   大手紙の社説(産経は「主張」)は、ふるさと納税を繰り返し取り上げている。5月に、泉佐野市などを新制度の対象外とした際は全紙が取り上げ、

   日経「除外はやむを得ない」(5月15日)
   読売「除外措置はやむを得まい」(5月16日)
   産経「健全な競争を促すためには必要な措置」(6月1日)
   毎日「除外は当然だろう」(5月20日)

   など、是認論が目立った。ちなみに、東京は「制度設計の責任は国にあり、自治体に一方的に罰を科すような形での再出発には疑問が残る」(5月23日)と国の手法を疑問視。朝日は「返礼品が残る限り、お得感を競う風潮はなくならないだろう。......いまの制度ありきではなく、根本から考え直すべきだ」(5月17日)と、抜本見直しを一貫して主張している。

   今回の係争処理委の決定を受けて社説で取り上げたのは3紙で、今のままではいけないとの認識は共通ながら、どうすべきかでは立場が分かれる。

   毎日は「返礼品を廃止し、純粋な寄付制度に戻すことでしか税のゆがみは正せない」(9月4日)、朝日も「返礼品をなくすことも、検討する必要がある」(9月5日)と、廃止を含む抜本見直ししかないとの立場。これに対し産経は「総務省は......制度も不断に見直す。自治体は地場産品や観光資源の開発、情報発信に努める。国と地方の両輪が回転してこそ、節度を持ってふるさとを応援できる」と、制度を手直ししながら存続すべきとの立場だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中