2019年 10月 22日 (火)

松島幸太朗3トライ!それ以上の収穫も 元日本代表・坂田正彰氏が見たロシア戦【ラグビーW杯】

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   30-10。完勝と言うべきか、辛勝と言うべきか――。

   2019年9月20日、アジアで初開催となる「ラグビーW杯2019日本大会」が東京都調布市・東京スタジアムで開幕した。観客は4万5745人。超満員の中で、日本代表はロシア代表と対戦。キックオフ早々から、キャッチングミスをするなど立ち上がりに不安を感じさせたが、日本は4トライを挙げてロシアをねじ伏せた。

   中でも右WTB(ウイング・スリークォーター・バックス)で出場した松島幸太朗選手が3トライ。プールでの「勝ち点5」(勝ち=4点、4トライ以上=ボーナスポイント1点)を獲得した。

   J-CASTニュースでは、元日本代表HO(フッカー)の坂田正彰さんに話を聞いた。

  • 開幕戦でMVPを取り、インタビューに答える松島幸太朗選手
    開幕戦でMVPを取り、インタビューに答える松島幸太朗選手
  • アジア初開催となる「ラグビーW杯2019日本大会」開幕戦、日本代表―ロシア代表。スタジアムは観客で満員となった
    アジア初開催となる「ラグビーW杯2019日本大会」開幕戦、日本代表―ロシア代表。スタジアムは観客で満員となった

松島選手は「普段はシャイで、普通の20代の男の子って感じ」

   サントリーのラグビー部GM(ゼネラルマネジャー)時代、松島選手を引っ張ったのが坂田さんだった。当時を振り返り、

「まぁ、獲得したとか、そんな話じゃなくて...。彼は桐蔭学園高(神奈川)から南アフリカのクラブチームアカデミーに入った。ただ、日本国籍ということもあり、本人が『日本でプレーしたい』という意向があったので、話をしてみようか...と」

   松島選手は、父がジンバブエ人、母が日本人。南アフリカのプレトリアで生まれた。だが、出生後は母の母国である日本で育ち、サントリーラグビー部へ入部。その後、日本代表選手へと昇りつめた。

   そんな松島選手について、坂田氏は、

「やっぱり身体能力、バネがすごい」

   一方で、

「普段はシャイで、普通の20代の男の子って感じ」

   ダイナミックなプレーとは裏腹に、普段は口下手で、お茶目な一面も見せるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中