2019年 11月 18日 (月)

斎藤佑樹、「今年も未勝利」で残留できる? 戦力外通告シーズンの注目ポイント

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   プロ野球はレギュラーシーズンの全日程を終え、第1次戦力外通告期間が2019年10月1日、始まった。

   セ・リーグではリーグ2位でクライマックスシリーズ進出を決めたDeNAが大量10選手に戦力外を通告し、パ・リーグではリーグ3位の楽天が9選手を戦力外とした。セ・パ各球団から今後も戦力外、自由契約選手らが出てくる模様で、選手の去就に注目が集まる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

斎藤は2年連続で勝ち星なし

   今シーズンはセ・リーグの大物選手の現役引退が相次いだ。巨人の上原浩治投手(44)がシーズン中の5月に現役を引退し、9月に阿部慎之助捕手(40)が現役引退を発表した。阪神では日本球界在籍10シーズンを記録したランディ・メッセンジャー投手(38)が引退し、広島では通算165セーブの永川勝浩投手(38)がグローブを置いた。ヤクルトでは館山昌平投手(38)をはじめ4選手が今シーズン限りの引退を発表した。

   ここ最近、戦力外通告期間の時期になると話題に上がるのが日ハムの斎藤佑樹投手(31)だ。高校、大学とエリートコースを歩み2011年のプロ1年目には6勝をマーク。翌12年は5勝に止まり、以降は下降の一途をたどる。プロ9年目の今シーズンは11試合に登板したが未勝利に終わり0勝2敗。2年連続で勝ち星に恵まれず、ここ5年間でわずか2勝しかしていない。

   成績に比例するように年俸も右肩下がりとなっている。2013年の3500万円(金額は推定)を頂点に徐々に下がり、19年は1500万円となり、プロ1年目の年俸に並んだ。ただ、球団をはじめ栗山英樹監督(58)の期待は高く、今シーズンは「オープナー」の先発投手として起用されるなど、一定のチャンスを与えられてきた。ファーム暮らしが長く続く中、本人は腐ることなくイースタンで4勝をマークしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中