2019年 10月 18日 (金)

文化庁の審査委員が辞意を伝えた理由 補助金不交付で「委員へ意見聴取なし」に異議

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」での一部展示中止を受けて、文化庁が 補助金7800万円を不交付と決定したが、有識者の審査委員会には意見を聴いていなかったことが分かった。

   このことに反発して一部委員が文化庁に辞意を伝えており、補助金問題の混乱がなおも続いている。関係者を含む有志がネット上で、文化庁へ抗議する署名を始めている。

  • 意見聴取がなかったことなどに抗議して始まった署名活動
    意見聴取がなかったことなどに抗議して始まった署名活動

「これでは、審査委員会は不要ということになる」

   補助金は、外国人観光客の誘致などを進める「日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業」の1つとして、2019年4月に採択された。このときには、有識者6人でつくる審査委員会の審査をクリアしている。

   しかし、文化庁は、9月26日になって、脅迫などの危険を知りながら申告しなかったなどして、補助金を不交付とした。これに対し、芸術祭実行委会長の大村秀章・愛知県知事は、合理的な理由がないとして、訴訟を起こす構えだ。

   そして、今回は、不交付決定に当たって、審査委員会への意見聴取を行っていなかったことが新たに分かった。審査委員を務めた鳥取大の野田邦弘・特命教授が10月3日までに、J-CASTニュースの取材に対し明らかにした。

「審査には2段階あり、審査委員会も関わるのが1段階となる内容の審査で、2段階は事務的審査があります。文化庁に聞いたところ、今回は、後者に該当するので審査委員会には聴かなかったということでした。しかし、事務的な話だとは思いませんので、説明になっていないと思います」

   野田教授は、「これでは、審査委員会は不要ということになる」と考え、文化庁に辞意を伝えた。文化庁からの慰留はなかったという。

   補助金不交付の発表を受けて、審査委員が文化庁に経緯を説明してほしいと言うと、文化庁からは、説明したいというメールが9月29日になって送られてきた。その後は、個別に審査委員への説明が行われているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中