2019年 10月 18日 (金)

関電会見に違和感続出 「被害者ヅラは見苦しい」「死人に口なし?」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   関電の役員らは金品を押し付けられた被害者だった、と関電側は言いたいの?――

   関西電力の役員らが、福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)から計3億円を超える金品を受け取っていた問題で岩根茂樹社長らが開いた会見内容に対し、こんな違和感がメディアやネットで相次いでいる。

  • 関電の公式サイトには「お詫びとご報告」が掲載されている
    関電の公式サイトには「お詫びとご報告」が掲載されている

「担当者は我慢を重ねて対応してきた」と主張

   「お前の家にダンプを突っ込ませる」「お前なんかいつでも飛ばせる」「娘が可愛くないのか?」――高浜原発の地元で「かなりの影響力」(八木誠・関電会長)を持っていた森山氏から、担当者らは時にこんな脅し文句を聞かされたそうだ。金品を返そうとしても、「顔をつぶすのか」と請け合ってもらえなかった、とも関電側は2019年10月2日の会見で主張した。「担当者は我慢を重ねて対応してきた」とも訴えた。

   こうした関電側の言い分に対し、会見中でも記者から「関電は被害者のような立場を取っているが...」「あたかも森山氏という特異なキャラクターを持った人によって、関電が被害を被ったというような印象を受けます」といった違和感や感想が寄せられた。

   ツイッターでも、

「関電、被害者づらは見苦しい」
「被害者面するんじゃないよ。金銀ざくざくもらっておきながら」

といった声が相次いだ。

   会見翌日の新聞(ウェブ版)や情報番組を見ても、

「関電 まるで被害者 『元助役怖い』『我慢重ね対応』延々30分」(東京新聞、見出し)
「関電は『各個人が我慢を重ねて対応してきた』とまるで森山氏から金品攻勢を受けた被害者であるかのように説明した」(毎日新聞、社説本文)

などと、批判的な文脈で取り上げられた。「ひるおび!」(TBS系)では、鎌田靖・元NHK解説副委員長が、

「全部この人(編注:森山氏)が悪いかのようで、あたかも関電の役員らは被害者であるかのように見えるのは、絶対違うんじゃないか」

と指摘していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中