2019年 10月 18日 (金)

「オールブラックス」は誤植から生まれた? ラグビー各国代表「愛称」の裏側

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ラグビーW杯日本大会が2019年9月20日、開幕した。日本各地で連日、世界の強豪らが熱戦を繰り広げている。

   今大会、優勝候補筆頭に挙げられるのが、通称「オールブラックス」のニュージーランド代表だ。W杯最多となる3度の優勝経験を持ち、大会2連覇中の世界的強豪である。ラグビーファンにはおなじみの「オールブラックス」。なぜニュージーランド代表はこのような愛称で呼ばれるようになったのか。J-CASTニュース編集部が調べてみた。

  • 1905年に撮影された「オリジナル・オールブラックス」のメンバー。相性の由来はその活躍から?
    1905年に撮影された「オリジナル・オールブラックス」のメンバー。相性の由来はその活躍から?

伝説と化す「オリジナル・オールブラックス」

   ニュージーランドのラグビー史を紐解くと、1860年代後半にC.J.モンロ氏によってニュージーランドに伝えられたといわれている。92年に現在のニュージーランド・ラグビー協会(NZRU)の前身となるニュージーランド・ラグビーフットボール協会(NZRFU)が設立され、オーストラリア遠征を行うなど、この頃から徐々に海外のチームと対戦するようになった。

   ニュージーランド代表が世界にその名を知らしめたのは、1905年から06年にかけて行った北半球遠征だ。英国、フランス、米国と遠征し、通算成績は35戦34勝1敗とされる。この時の遠征メンバー27人はのちに「オリジナル・オールブラックス」と呼ばれ、ラグビー界では伝説のチームとして語り継がれている。

   「オールブラックス」という愛称は、一説によると1890年代には広まっていたらしい。代表が着用する黒色のジャージに由来するものとみられ、ラグビーファンはニュージーランド代表を「オールブラックス」と呼んだという。また、一方ではこれと異なる説もある。上記の英国遠征時に愛称が誕生したというものである。

   その説によると、ニュージーランド代表と英国代表の試合を取材した新聞記者が、ニュージーランド代表のすべての選手がまるでバックスのように俊敏に走り回る様子を見て「All Backs(オールバックス)」と表現したという。どの段階で間違いが起こったのかは不明とされるが、新聞紙上では「All Blacks(オールブラックス)」となっていたという。現在、この説を証明するものは一切残っていないが、この説を有力とする見方もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中