2019年 10月 19日 (土)

バレンティン去就がゲレーロに影響も? 外国人大砲、2人の今オフ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今オフは広島・会沢翼、野村祐輔、ソフトバンク・福田秀平、ロッテ・鈴木大地らフリーエージェント(FA)権を取得した選手たちの去就が注目される。

   その中でもFA戦線の目玉として動向が気になるのがヤクルトのウラディミール・バレンティンだ。

  • 神宮には新たな「大砲」が?
    神宮には新たな「大砲」が?

ファンは残留熱望も

   バレンティンは2019年8月17日に出場選手登録が8年に達して国内フリーエージェント(FA)権を取得。来季から日本人選手扱いとなることも大きなプラスアルファだ。11年に来日し、ヤクルトで9年間プレー。13年はシーズン60本塁打のプロ野球記録を樹立し、セ・リーグの最優秀選手(MVP)に選ばれた。今季も打率.280、33本塁打、93打点をマークしている。守備での怠慢な動きを指摘されることもあるが、長距離砲として計算できるのは大きい。

   今季でヤクルトとの契約が切れ、来季は他球団でのプレーを視野に入れている。3日には自身のツイッターで「来年はどのチームでプレーするのを見たい?」とツイッターでファンに呼びかけた。リプライ欄には「ヤクルトに残ってほしい」と残留を熱望する声が多かったが、ロッテ、阪神ら複数球団が獲得に乗り出す可能性がある。パ・リーグの場合は指名打者で守備のマイナス面がなくなる。来日10年目の来季は、どの球団のユニフォームを身にまとうだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中