2019年 12月 12日 (木)

「女子旅ばかり意識して、つまらない台北特集ばかり」 ジュンク堂店舗「不適切なツイート」で謝罪

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   書店チェーン大手「ジュンク堂書店」の店舗ツイッターが他社の雑誌企画を紹介しながら、「女子旅ばかり意識して、つまらない台北特集ばかりだった」などと投稿したことについて、「不適切なツイート」だったとして謝罪した。

   ツイートをめぐっては「女性蔑視」「女性が旅行することや、ガイドブックを買うことを小馬鹿にしてる」などと批判が相次いでいた。

  • 謝罪し、削除を伝えるジュンク堂書店プレスセンター店のツイッター
    謝罪し、削除を伝えるジュンク堂書店プレスセンター店のツイッター

「その文言を入れた理由は?」と批判が

   投稿があったのは2019年10月4日。ジュンク堂書店プレスセンター店(東京都千代田区)が、

「女子旅ばかり意識して、つまらない台北特集ばかりだったが、『東京人』が2014年『東京人的台湾散歩』で、日本統治時代の建築に続き、今回はY字路、暗渠、リノベーションと興味深い特集を組んでくれました」

とツイートした。

   3日発売の『東京人』11月号(都市出版)は「台北ディープ散歩」と題した特集を組んでいる。台湾の深い歴史を楽しむ歩き方を紹介しており、暗渠やY字路などのスポットを紹介。識者インタビューを交え、約80ページにわたってさまざまな角度から新たな見方を提示している。

   どの雑誌を念頭に置いたかは不明だが、「女子旅」ばかり意識して「つまらない」と表現した上記ジュンク堂の投稿に対しては、

「えーっジュンク堂までこんな女性蔑視を表に堂々と出しちゃうんですか?」
「あなた方にとって女性が旅することは一重につまらないんですか? ぜひお答え頂きたいですね」
「この書き方だと 女子旅=つまらない 台北特集=つまらない 東京人=つまらない と読めるので、全方位的に失礼ですね」
「『女子旅ばっか意識して今までつまらない台北特集』ってその文言を入れた理由は?女性が旅行することや、ガイドブックを買うことを小馬鹿にしてるからだよね?」

と批判が相次ぐことになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中