2019年 10月 19日 (土)

最下位→3位でも退任の楽天・平石監督 最下位オリ、5位日ハムと何が違った?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   プロ野球の楽天は2019年10月11日、三木肇2軍監督(42)の1軍新監督就任を発表した。楽天は前日10日に平石洋介監督(39)の退任を発表し、内部昇格の形で三木氏が新監督に就いた。今オフの監督交代はヤクルト、広島に続いて3球団目となり、パ・リーグでは初めてとなる。

   三木新監督は1995年のドラフトにおいて1位指名でヤクルトに入団。2008年にトレードで日ハムに移籍し、翌09年に現役を引退した。引退後は日ハムの1軍内野守備コーチを務め、14年シーズンから古巣ヤクルトにコーチとして復帰。16年には1軍ヘッドコーチ兼内野守備走塁コーチに昇格し、今シーズンは楽天の2軍監督に就任した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「1年退任」創設15年で早くも4人目

   今回の楽天の監督交代劇に関して、一部スポーツ紙がシーズン中の9月17日に、平石監督が今シーズン限りで退任する可能性が高いと報じた。この報道に対して石井一久GM(46)は不快感を示し、監督人事について「白紙」を強調。最終的にチームは昨年の最下位から3位に躍進したが、平石監督は就任1年で退任となった。

   平石監督の退任は1年契約の任期満了に伴うもの。リーグ優勝こそ逃したが、リーグ3位でクライマックスシリーズ(CS)に進出した手腕は、ファンの間では高く評価され、平石監督の退任を悲しむファンが続出している。過去には田尾安志氏、マーティ・ブラウン氏、大久保博元氏が就任1年で退任しており、球団創設15年にして4人目の1年限りでの交代劇となった。

   パ・リーグでは、最下位オリックスが西村徳文監督(59)の続投を決定。西村監督は今シーズンからチームの指揮を執り、5年連続Bクラスとなったが、湊通夫球団社長は「監督の責任だけではない。GM制を敷くことになってフロント、首脳陣、ファームなどの地盤作り。一緒にやっていく」と、西村監督ひとりに責任を押し付けることなく、球団全体の問題としてとらえている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中