2021年 5月 19日 (水)

ピエール瀧の出演映画が「助成金不交付」に ネット「作品にも罪はない」、署名活動も始まる

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

ダイノジ・大谷さん「なんか恐怖すら感じさせる理由ですね」

   著名人らからも相次いで、疑問の声が上がっていた。

   現代史研究者の辻田真佐憲氏は19日17時ごろ、ツイッターを更新し、「古い時代の映画やレコードなんて、ヒロポン常用者がかなり関わっていたりするんですが......」と主張。お笑いコンビ「ダイノジ」の大谷ノブ彦さんも「国が薬物を容認するようなメッセージを発信する恐れがある」という理由について、「ないと思うんだけどなぁ なんか恐怖すら感じさせる理由ですね」と疑問を呈し、「映画館で観よう」としていた。

   署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」では、不交付撤回を求める署名活動が10月19日にごろから始まった。10月21日13時15分ごろの時点で、979人が賛同している。

   ネット上で「作品に罪はない」など批判的な声が上がっていることや、署名活動が始まっていることに対し、基金部の担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「コメントを差し控える」と答えるに留めた。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中