2019年 12月 13日 (金)

原巨人、「FA大型補強」で巻き返し? 益田、野村、鈴木...実力派に熱視線

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   原巨人が日本一奪回へ向けての大型補強に動き出す。巨人は2019年10月23日、東京ドームで日本シリーズ第4戦に臨み、ソフトバンクに3-4で敗れた。同シリーズ4連敗で巨人の今シーズンが終了。早くも来シーズンへ向けてのチーム編成に着手し始め、フリーエージェント(FA)で複数選手の獲得を目指す。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

最重要課題の救援投手補強は益田が筆頭候補に

   ソフトバンクに屈辱の4連敗。日本シリーズでは投手力の差が浮き彫りとなった。リーグ連覇、日本一奪回へ向けて投手力強化が最重要課題となり、今オフのFA戦線では救援投手をはじめとし、投手陣の補強に重点を置いたものになりそうだ。

   巨人が熱視線を送るのが、ロッテの益田直也投手(29)だ。セットアッパー、抑えの経験を持つタフな投手で、今シーズンは60試合に登板して27セーブを挙げた。今シーズンは中川皓太(25)、田口麗斗(24)らの成長もあり救援陣が安定してきたが、日本シリーズではソフトバンクに比べて中継ぎ陣の層の薄さを露呈。益田が加入することで層の厚みが増し、補強ポイントに合致。益田が権利を行使すれば獲得に動くとみられる。

   先発投手の補強として候補に挙がるのが、広島・野村祐輔(30)と西武・十亀剣(31)だ。野村は2016年に16勝をマークするなど広島のリーグ3連覇に大きく貢献した投手。一方の十亀は金銭、人的補償の必要がない「Cランク」の選手となる。また、FA以外ではパドレス傘下3Aを自由契約となった牧田和久(34)や中日のジョエリー・ロドリゲス(27)の動向にも注目しているようだ。

外国人助っ人はマシソンが引退、3選手の退団が濃厚

   野手ではロッテの鈴木大地内野手(30)が調査の対象となっている。阿部慎之助捕手(40)が日本シリーズ終了をもって現役を引退したことで左打者の補強がひとつのポイントとなっており、1塁を守る左の鈴木がこれに合致する。鈴木に関しては複数の球団が獲得へ向けて動いているとみられ、争奪戦の様相を呈している。

   大型補強の裏で複数の外国人選手が「戦力外」となりそうだ。退団が濃厚なのがクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(28)、ライアン・クック投手(32)、テイラー・ヤングマン投手(29)。スコット・マシソン投手(35)は10月23日に現役引退を発表している。日本シリーズで活躍したアレックス・ゲレーロ外野手(32)、C.C.メルセデス投手(25)、ルビー・デラロサ投手(30)は残留が濃厚となっている。

   巨人は昨オフ、FAで丸佳浩外野手(30)、炭谷銀仁朗捕手(32)を獲得。FA以外では、中島宏之内野手(37)、岩隈久志投手(38)、クック、ビヤヌエバらを補強。シーズン中にはトレードで3投手を獲得し、海外からデラロサを獲得。今オフは例年を上回る数の選手がFA権を行使する可能性があり、FA市場の活性化が見込まれる。24日から権利を行使するための申請期間がスタートし、11月1日に締め切られる。11月2日に公示され、翌3日から交渉が可能となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中