2019年 11月 18日 (月)

FA補強に意欲の巨人、ヤクルト V逸・広島はまた動かず、阪神は...?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球のフリーエージェント(FA)有資格者が権利を行使できる手続き期間が2019年10月24日、スタートした。

   今年はロッテ鈴木大地内野手(30)、益田直也投手(29)、西武・秋山翔吾外野手(31)、ソフトバンク福田秀平外野手(30)らパ・リーグの選手が目玉となりそうだ。すでに各球団はそれぞれ獲得へ向けての調査を開始しており、FA戦線の行方に注目が集まる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

ヤクルトは4選手が調査対象に

   セ・リーグでみてみると、大型補強を行うとみられるのが巨人だ。原辰徳監督(61)は24日、山口寿一オーナー(62)にシーズン終了の報告を行った。日本シリーズでソフトバンクに4連敗を喫した事実を踏まえ、ソフトバンクと比較して外国人選手の層の厚さの違いを指摘。「日本一」奪回へ戦力補強は必須で、今オフはFA、外国人選手の補強を積極的に行っていくとみられる。

   今シーズン最下位に終わったヤクルトも戦力補強に積極的な姿勢を見せる。来シーズンからチームの指揮を執る高津臣吾監督(50)は早々と組閣に着手し、FA補強に関しても前向きだ。現時点でFA補強の候補に挙がるのが、ソフトバンク福田、楽天・美馬学投手(33)、日ハム中島卓也内野手(28)、西武・十亀剣投手(31)。チーム防御率、失点ともにリーグワーストで、投手陣の補強が最重要ポイントになりそうだ。

   リーグ2位のDeNAは、内野の補強とMLB挑戦を表明している筒香嘉智外野手(27)が抜けた穴をいかにして埋めるかが課題となる。内野の補強に関しては、日ハム中島の調査を進めているとみられる。筒香に代わるスラッガーとして候補に挙がるのが西武・秋山だ。神奈川県横須賀市出身ということもあり、「地元」出身のスターとして獲得に乗り出す可能性もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中