2020年 8月 11日 (火)

ディズニーシー園内で「有料交流会」 人気アイドル物議...説明求める声も

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   人気アイドルグループ「さくらシンデレラ」が東京ディズニーシー(TDS)で実施したイベントで、規則違反が多数あったとして物議をかもしている。

   グループの運営会社は騒動への言及をしておらず、ファンらからは説明を求める声が少なくない。

  • さくらシンデレラ公式サイトより
    さくらシンデレラ公式サイトより
  • メンバー10人の顔写真(さくらシンデレラ公式サイトより)
    メンバー10人の顔写真(さくらシンデレラ公式サイトより)
  • さくらシンデレラ公式サイトより
  • メンバー10人の顔写真(さくらシンデレラ公式サイトより)

「出禁にしないと悪しき前例になる」

   さくらシンデレラは2014年にデビュー。女性10人から成り、"正統派美少女アイドルグループ"を謳う。

   新宿、秋葉原に専用劇場を持ち、2019年6月発売のメジャー3rdシングル「ハロウィンモンスター」はビルボード週間ランキング3位を獲得した。

   グループが批判を集めたのは、10月23日にTDSで開催したファンとの交流イベントだ。CDを一定数以上購入した人を対象に、メンバーと園内を散策したり、写真撮影(有料)などができたりする。チケットはグループの運営が団体チケットを用意し、参加者は6800円を支払う。グループのブログで調べた限り、同様のイベントはこれで4回目だ。

   一般の来園者から、ツイッターで「通路の真ん中で撮影会をしていた」「キャストの注意を無視していた」といった旨の目撃談があがり、また、イベントはTDSの規則違反に当たるとして、

「こんなん素人でもダメってわかるだろうに..」
「他人の迷惑も考えられないアイドルなんているんですね」
「これ、TDSがさくらシンデレラと参加者の全員をTDS出禁にしないと悪しき前例になるよね」

と顰蹙(ひんしゅく)を買っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中