2021年 9月 21日 (火)

ラグビーW杯の優勝トロフィー「エリス杯」 その取り扱いには、厳格なルールが存在する

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「優勝国しか素手で触れない」唯一無二の存在

   ところで、その「エリス杯」だが、高さ38センチ、重さは4.5キロほどだと言われている。杯の台座部分には、W杯優勝国名が刻印されており、過去、ニュージーランドが3回(最多)、オーストラリアと南アが2回ずつ、イングランドが1回という4か国名しか刻まれていない。

   また、エリス杯には「優勝国のメンバーしか素手で触れてはならない」という厳格なルールがある。エリス杯は、今大会でも開催各地を順に巡って行ったが、日本の係員は必ず「白手袋の着用」が義務付けられていた。ラグビー界にとっては、それほど崇高な唯一無二の存在だということだ。

   今回の決勝戦はイングランド―南ア。エリス杯に名を刻むのは、2回目のイングランドか、南アがニュージーランドに並ぶ最多3回目となるか――。

   2019年11月2日、世界中のファンが、その時を待ち望んでいる。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中