2019年 11月 18日 (月)

何に仮装するかで違う!コスプレの「心理」 ハロウィンで「悪役」やりたがる人は...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   10月31日といえばハロウィン。2019年も一般人はもちろん、多数の著名人がメディア上で仮装を行い、視聴者の関心を呼んでいる。

  • もはや季節の風物詩となったハロウィンの喧騒
    もはや季節の風物詩となったハロウィンの喧騒

三上アナは「ジョーカー」に変身

   同日朝には「おはよう日本」(NHK)で、お天気キャスターの山神明理さん(31)が、ラグビー日本代表のリーチ マイケル選手(31)の仮装で登場。代表ユニフォームはもちろん、カツラと付けひげを装着した本格的な仮装で視聴者を沸かせた。また、同日午前放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)では、三上真奈アナウンサー(30)が、公開中の映画「JOKER」にちなんでか、アメコミの人気ヴィラン(悪役)・ジョーカーの仮装で登場。やはり、視聴者を沸かせた。

   また、SNS上では今年も多数の芸能人が31日までに仮装を披露している。モデルのローラさん(29)はアニメ映画「101匹わんちゃん」の姿でインスタグラムに登場。また、女優の佐藤仁美さん(40)は「風の谷のナウシカ」の主人公・ナウシカ姿を披露し、ファンから絶賛を浴びた。

   このほか、ハロウィン当日には毎年多数の一般人が東京・渋谷のスクランブル交差点に繰り出し、自らの仮装した姿を披露する。これら、「仮装を披露したくなる心理」、そしてキャラクター別の仮装する心理などについて、J-CASTニュース編集部は経営コンサルタントで心理学博士の鈴木丈織氏に分析を依頼した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中