2019年 11月 15日 (金)

天皇陛下、祝賀式典で国民に「深く感謝」 皇后さまは奉祝曲に「涙」も

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   天皇陛下の即位を祝う民間主催の「国民祭典」が2019年11月9日、皇居前広場(東京都千代田区)などで開かれ、約6万人(主催者発表)が訪れた。

   「祭典」は、皇居外苑と内堀通りで奉祝パレードなどを行う「奉祝まつり」と、皇居前広場で行う「祝賀式典」の2部構成。祝賀式典では、天皇皇后両陛下の前で「奉祝曲」が披露され、皇后さまが目に涙を浮かべる一幕も。天皇陛下も「大勢の皆さんが集まり、即位をお祝いいただいたことに深く感謝いたします」などと述べ、国民の祝福に応えた。

  • 皇居正門石橋で国民の祝意に応える天皇皇后両陛下
    皇居正門石橋で国民の祝意に応える天皇皇后両陛下
  • 3万人の参加者が日の丸を振って即位を祝った
    3万人の参加者が日の丸を振って即位を祝った
  • 祝辞を述べる女優の芦田愛菜さん
    祝辞を述べる女優の芦田愛菜さん
  • 万歳三唱の際はちょうちんを振って祝意に応えた
    万歳三唱の際はちょうちんを振って祝意に応えた
  • 皇居前広場では即位を祝うちょうちんがともされた
    皇居前広場では即位を祝うちょうちんがともされた

辻井伸行さんがピアノ演奏、「嵐」の5人が歌唱

   祝賀式典には3万人が参加。女優の芦田愛菜さん(15)、歌舞伎俳優の松本白鸚さん(77)らが祝辞を述べたのに続いて、即位を祝う赤い提灯が一斉に点灯。天皇皇后両陛下が正門石橋に姿を見せた。披露された「奉祝曲」のタイトルは、「組曲 『Ray of Water』」。「Ray of Water」は、「水に差し込むまばゆい光」の意で、脚本家の岡田惠和(よしかず)さんが作詞、作曲家の菅野よう子さんが作曲を担当。「海神」「虹の子ども」「Journey to Harmony」の3部構成で、ピアノを辻井伸行さんが演奏し、アイドルグループ「嵐」の5人が歌った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中