2019年 12月 11日 (水)

池袋暴走・飯塚容疑者を書類送検 遺族が「加害者は2人の死と向き合っているとは思えない」理由

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2019年4月に発生した池袋暴走事故で、警視庁は11月12日、乗用車を運転していた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者(88)を、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで書類送検した。メディア各社の報道によると、警察は誤った運転操作が原因とみている。

   送検を受け、妻の松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(同3)を失った遺族(33)や支援者らが同日午後、都内で会見を開いた。遺族の松永さんは「本日、スタートラインに立った。2人や今後の社会のためにも、事故が軽い罪で終わらないよう自分にできることをやります」と語った。

  • 会見を開いた遺族の松永さん(右から2番目)
    会見を開いた遺族の松永さん(右から2番目)

「安全な車を開発するようにメーカーの方に心がけていただき...」

   遺族の松永さんは会見で、「(送検までの)7カ月間、本当に遺族として待つことしかできなかった」と振り返りつつ、飯塚容疑者に厳罰を求める署名活動に言及。「署名活動などを行ってきましたけれども、私たち遺族にとっては本当に楽ではない作業でした。大変でしたけれども、まだ何も始まっていなかったので、やっとスタートラインに立って、一歩踏み出せることになる」と心境を明かした。

   会見では、飯塚容疑者が9日にJNN(TBS系)の取材に対し、「安全な車を開発するようにメーカーの方に心がけていただき、高齢者が安心して運転できるような外出できるような世の中になってほしい」と語っていたことについて質問があった。報道陣から「ある意味、車のせいにしているのではないか、と取れるような発言をしているんですが...」などと問われ、松永さんは「全ての加害者の発言を見たわけではない、聞いたわけではない。限られた映像を見ての感想」とことわった上で、

「見た時は体が震え出して、怒りというよりはむなしくなってしまった。親族全員がつらくて、中には憤りを感じている人もいました。この7カ月間、ずっと2人の死と、2人がいなくなってしまったことに24時間向き合っている。あのインタビューを見た限りでは、やっぱり加害者は、2人の死と向き合っているとは思えない」
「あくまで『車のせいだ』と仰りたかったのかなと思ったのですが、少なくともカメラの前で答えることによって、遺族が見るかもしれないという配慮ができなかったのか。これを見た遺族がどういうふうなことを思うのだろうかという配慮が、なかったんじゃないか」

と苦言を呈した。

飯塚容疑者の代理人の1人「コメントは特にありません」

   また、松永さんは、「こんなこと本当はあんまり言いたくない」とした上で、「ほかの高齢者の方を巻き込まないであげてほしい」と訴えていた。

「今回の事故は、確かに高齢者ドライバー問題と社会的に考えなくてはいけない、そう思っています。ですけど、今回の事故を、普通の『高齢ドライバー問題』と呼ぶには、次元が違いすぎる。そういった意味で、ほかの高齢者を巻き込まないであげてほしい。日夜、メーカーの方々は、安全な車を作ろうと努力されていると思います。開発されている方々も。確かに完璧なものではないのかもしれないですけど、そういった努力をされている方々に対しても、とても失礼だと思います」(松永さん)

   代理人の高橋正人弁護士も、「『安心して運転できるような車を作ってほしい』というのは、被害者本人や被害者でも加害者でもない第三者が言う言葉であって、加害者がいう言葉じゃない」と指摘。「たとえが悪いかもしれませんけど、住居侵入した犯人が、後から『セコムさん頑張ってくださいよ』というのと全然変わらないじゃないですか。あれは、加害者の言う言葉じゃないですね。何も反省していないと私は思いました」と非難した。

   飯塚容疑者が書類送検されたことを受け、J-CASTニュースでは12日午前、飯塚容疑者の代理人弁護士の1人に取材を申し込んだ。代理人は取材に対し、「まだ捜査段階ですから、コメントは特にありません」などと答えるに留めた。同日、別の代理人が所属する法律事務所にも取材を試みたが、事務局の担当者によると、本人は「来週まで出張」だという。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中