2019年 12月 14日 (土)

「本当に必要な選手だけ獲得に動く」 ソフトバンクの強さ支えるFA戦略

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   今年はFA補強に乗り出す球団が多い。

   ソフトバンクからFA宣言した福田秀平には西武、中日、ヤクルト、ロッテ、楽天の5球団が獲得に名乗りを上げた。また、ロッテの鈴木大地には巨人、楽天が参戦し、楽天の美馬学も巨人、ヤクルト、ロッテと3球団の争奪戦になる模様だ。

  • ソフトバンクの本拠地ヤフオクドーム。来季のチーム編成は?
    ソフトバンクの本拠地ヤフオクドーム。来季のチーム編成は?

鈴木も美馬も、いればもちろん頼もしいが...

   ここで気になるのがソフトバンクだ。昨オフは獲得こそ叶わなかったが、楽天・浅村栄斗、阪神・西勇輝とFA交渉を行った。今オフは、なぜ動かないのだろうか。ある球団スコアラーはこう分析する。「FA権を行使した選手たちを見て、現有戦力の中に加える必要がないと判断したのでしょう。ソフトバンクは資金力があるので補強も派手に行っているイメージがありますが実態は違います。FAも本当に必要な選手だけ獲得に動く。育成に主眼を置いたチーム作りがブレないのが、長年強さを維持できる秘訣だと思います。育成枠で入団して主力に成長した千賀滉大、甲斐拓也、牧原大成は象徴的な選手です」。

   過去にFAで獲得した選手数を球団別に見ると、巨人が最多で26人。2位はソフトバンクだが、数は半分の13人だ。最後に獲得した選手は13年に中田賢一(現阪神)、鶴岡慎也(現日本ハム)と6年前にさかのぼる。今オフはFA宣言した福田を慰留しているが、ロッテ・鈴木、楽天・美馬の獲得に乗り出していない。チーム戦略として長期的な展望で考えた末の決断だろう。

   確かに鈴木も美馬もいれば頼もしい存在になる。鈴木は内外野を守り、打撃もパンチ力とミート力を兼ね備えている。周囲を引っ張るキャプテンシーも魅力だ。また、美馬も先発ローテーションで1年間投げられる貴重な戦力だ。ソフトバンク戦は今季3勝1敗、防御率1.97と抜群の強さを誇った。天敵が味方になればこれほど頼もしい存在はいない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中