2019年 12月 15日 (日)

トンプソン ルーク選手が「サンタ姿」でイベント登壇 W杯振り返り「日本の皆さんの応援も、本当に素晴らしかった」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   身長196センチの「♪背の高いサンタクロース」が、やって来た――。

   いまだ熱狂、冷めやらない「ラグビーW杯2019日本大会」だが、2019年11月14日、その立役者の1人であるトンプソン ルーク選手(LO=ロック)がサンタの衣装で、横浜の「ランドマークプラザ」で行われたクリスマスツリー点灯式に登壇した。

   トンプソン選手は、今大会に出場した日本代表の中でも最年長の38歳。ニュージーランド出身だが、現在は日本国籍を取得している。身長196センチ、体重110キロ。LOとは、スクラム2列目(セカンドロー)で、前3人(フロントロー)を押し込む位置。ラインアウトでは、ジャンパーとしても活躍した。ファンの間では「トモ」という愛称で親しまれ、モールやラックへ果敢に突っ込んでいく姿は、多くの観客を魅了した。

  • サンタの衣装で登場したラグビー日本代表のトンプソン選手
    サンタの衣装で登場したラグビー日本代表のトンプソン選手

トモは「友」のため、再び、立ち上がった

   「2015W杯イングランド大会」後、1度は代表引退を表明した。しかし、代表戦を自宅で見ていたトンプソン選手はウズウズしたという。それを見かねた夫人が「あなた、本当は、もっとやりたいんじゃないの?」と声をかけたそうだ。また、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)も、「トモは、今のチームに必要だ」と声をかけたという。

   トモは「友」のため、再び、立ち上がった。

   そんなトンプソン選手は、今回のW杯を振り返って、

「少し、疲れた(笑)。でも、素晴らしい結果だったし、素晴らしい経験ができた。日本の皆さんの応援も、本当に素晴らしかった。ありがとうございました」

と、何度も「素晴らしい」という言葉を使った。

自称「おじいちゃん」は「パンダ」に癒された

   38歳、自らを「おじいちゃん」と称する日本代表最年長のトンプソン選手は、今大会をもって代表引退を明言している。しかし、所属するトップリーグ(TL)近鉄ライナーズでは、まだプレーを続けるそうだ。W杯後の休暇については、

「家族の時間は大事。(W杯が)終わった後、家族と一緒に和歌山の『アドベンチャーワールド』に行った。娘が『パンダ、大好き』で見に行きました。パンダ、かわいくて癒された」

   また、予選プール最終戦となったスコットランド戦(10月13日、横浜国際総合競技場)前には、横浜・ランドマークタワー内の「ロイヤルパークホテル」に宿泊したそうで、

「短い時間だったけど、いい準備ができたし、いい結果が出た。皆さん、本当にや優しかったし、すごく楽しかった」

と、横浜へ感謝の意を述べた。

   「おじいちゃんサンタ」のトンプソン選手だが、今週末の17日からは、国内での試合が待ち受けている。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中