2019年 12月 13日 (金)

ウサイン・ボルト、東京オリ・パラは「すべてが楽しみ」 日本人選手にも「期待しています」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   100メートル、9秒58――。

   人類最速の男、ウサイン・ボルト氏(ジャマイカ)が2019年11月15日、東京都内で行われたイベントに登壇した。両手の人差し指を天に差す、お得意の「ボルトポーズ」も披露。多くのメディアから取材を受けた。

  • 報道陣を前に、照れ笑いを浮かべながら「ポーズ」を取るウサイン・ボルト氏
    報道陣を前に、照れ笑いを浮かべながら「ポーズ」を取るウサイン・ボルト氏

「ファンの1人として、参加できること」

   自ら出資する電動キックボード企業のサービス発表のため、都内で行われたイベントに登壇したボルト氏は、2020年に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」について、

「非常に楽しみにしています。選手としてではなく、ファンの1人として参加できる大会。スタジアムを見ると、エネルギーを感じてしまう。すべてが楽しみ」

と、笑顔で話した。

   また、日本人スプリンターたちについては、

「(日本人選手でも)10秒を切った選手がいると聞いている。若い選手が多いとも聞いている。日本人は(バトンの受け渡しで)リレーでも、いい成績を出しているので、期待しています」

   そんなボルト氏は、今後、何に向かっていくのだろうか?

「陸上競技ではないところでも、活躍できれば」

   今後の活動について聞かれたボルト氏は、

「陸上競技ではない『外の世界』でも、成功を収めていきたいと思っている。(母国である)ジャマイカのみならず、世界の人を助ける活動にも参加していきたいと考えている。また、ビジネスの世界でも成功を収めていければ...」

   世界中でお馴染みとなった「ボルトポーズ」を見せて、会見場を去って行った。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中