2019年 12月 16日 (月)

大相撲で26年ぶりの珍手「三所攻め」出た 26年前に決めた舞の海氏は当日、NHKで解説

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大相撲九州場所(福岡国際センター)が2019年11月17日に中日を迎え、幕内の取り組みで26年ぶりの珍しい決まり手が出た。前頭11枚目・石浦―同14枚目・錦木の一番。175センチ、110キロと小柄な石浦に対し、錦木は185センチ、180キロの巨漢力士である。ここで飛び出したのが石浦の「三所攻め」だった。

  • 前頭11枚目の石浦が決めた「三所攻め」は、舞の海氏以来となる26年ぶりの珍手だった
    前頭11枚目の石浦が決めた「三所攻め」は、舞の海氏以来となる26年ぶりの珍手だった

当初の決まり手は「外掛け」だったが...

   体重差70キロもある両力士の取り組みで、小兵の石浦は、大きな相手の懐(ふところ)に飛び込んで胸に頭を付け、自身の左足を錦木の右足に掛ける「外掛け」を見せた。と、ここまでは比較的見られる形なのだが、石浦はさらに自分の右手を相手の左足に掛ける「渡し込み」に出た。「頭+外掛け+渡し込み=三所攻め」で相手を土俵下に押し倒した。

   しかし、場内のアナウンスは「外掛け」を取った。NHK実況の藤井康生アナウンサーも、解説を務めた元小結の舞の海秀平氏もその場はそのまま流して続けた。しかし、約30分が経ったころ、決まり手が「三所攻め」に変更されたのだ。

   実は、この珍手を26年前に決めたのが、当時「技のデパート」と称された舞の海だった。1993年秋場所初日、巴富士戦で同じく「頭を付け、足を掛け、手で渡し込む」という大技を見せたのだ。これに藤井アナが「あの舞の海さん以来26年ぶりですよ」と言うと、

   舞の海氏は、

「あ、そうなんですか?」

と少し驚いた様子だった。藤井アナは続けて「あれで相撲に『三所攻め』っていう技があるんだ...ということを知ったファンも多かったのでは?」と振られた舞の海氏は、

「あ~、それは(当時)よく言われましたね」

と少し、照れ笑いを浮かべた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中