2020年 10月 31日 (土)

将棋の藤井七段、「勝負メシ」食すも願い叶わず...王将挑戦あと1歩

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

「AI」を活用して分析、現代の若者らしいスタイル

   今回は残念ながら敗北を喫したが、藤井七段の人気と勢いは増すばかりだ。師匠である杉本昌隆八段は、

「『AI』も活用していまして。その辺りは現代の若者らしいスタイルですね。自分や対戦相手のデータを『AI』に分析させ、傾向を調べたり、『AI』と戦うことで、対戦の勉強をする...といった感じです」

   杉本八段は続けて、

「昔は『経験が大事』と言われた時もありましたが、今はその場、その場での『瞬発力』であったり、『判断』、『分析』などが求められる時代になってきています」

と話している。

   ところで、将棋界の「8大タイトル」って何だ? 現時点では、竜王、名人、叡王(えいおう)、王位、王座、棋王、王将、棋聖となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中