2020年 9月 21日 (月)

プロ野球で増える「作戦コーチ」、その役割は? パイオニア・橋上氏に聞いてみた

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

ヘッドコーチと作戦コーチの違いとは...

   また、ヘッドコーチの経験もある橋上氏は、ヘッドコーチと作戦コーチの役割の相違について私見を述べた。

「ヘッドコーチは一年間を戦っていく上で、円滑に組織を運営することが求められます。監督、コーチ、選手らと密にコミュニケーションをとり、それぞれのストレスを取り除いてあげることも仕事のひとつです。作戦コーチは、いわば監督、コーチとスコアラーとの橋渡し役です。スコアラーは資料を作るのが仕事ですから、監督、コーチに直接進言することはありません。この資料をデータ化し、勝つための最善策を進言するのが作戦コーチの仕事になります」

   作戦コーチのパイオニアは、2012年に侍ジャパンの作戦コーチに抜擢され日本代表を支えた。橋上氏は「自分がやってきた仕事が一定の評価を受けたようで、とてもうれしかったですね」と振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中