2019年 12月 14日 (土)

宇多田ヒカル「恥ずかし過ぎて...」 封印したくなった過去動画

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんは2019年11月27日朝、自身のツイッターを更新した。

   歌手・井上陽水さんの楽曲「少年時代」をカバーする20歳の自身を見て、「恥ずかし過ぎて途中でそっと閉じました」と語った。

  • 20歳の頃の歌声に…(画像は宇多田ヒカルさんのツイッターアカウントより引用)
    20歳の頃の歌声に…(画像は宇多田ヒカルさんのツイッターアカウントより引用)

白いトレーナー姿で歌声披露

   宇多田さんが見たのは、YouTube上の自身の公式チャンネルにアップロードされた、2003年1月19日に自身の20歳の誕生日を記念して行われたスタジオライブの動画だ。白いトレーナー姿の宇多田さんはスタジオの中でマイクの前に立ち、伸びやかな歌声で「少年時代」を披露している。

   宇多田さんは動画を「恐るおそる観てみた」(原文ママ)というものの、「恥ずかし過ぎて途中でそっと閉じました」と語った。

   これに対し、ツイッターユーザーからは、

「かっ、かっ、可愛っ」

という声や、

「なんか分かる笑笑 若いときの自分って、自分で観るの恥ずかしいよね」

と共感の声が寄せられた。

   宇多田さんは19年11月27日に発売された、井上陽水さんの楽曲を様々なアーティストがカバーしたアルバム「井上陽水トリビュート」の中でも「少年時代」を歌唱している。そのため、昔と今の歌声を比べて、

「この時と歌いかたも違って、どちらも尊いです」
「20歳のヒカルさんの声は少年と少女が混在しているようで、今のヒカルさんの声は、少年と母が共存しているよう」

とコメントするユーザーもいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中