2019年 12月 14日 (土)

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
前夜祭、シュレッダー... 桜を見る会「矮小化」する野党の追及

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   前回の本コラム(2019年11月14日掲載「中止決定の『桜を見る会』 会計の重要性原則から見ると...」)で、桜を見る会を考えてみた。桜を見る会は、予算としては小さいものだが、伝統のある会なので招待基準を見直すのはいいと書いた。国会では議論すべき問題も多いので、桜を見る会に時間を費やすのはもったいないとも書いた。

   しかし、今でも野党は追及しているが、桜を見る会から離れ、矮小化しているように思える。

  • 野党が「桜を見る会」を追及している
    野党が「桜を見る会」を追及している

野党は「前夜祭」を問題視

   野党が問題にしたのは、桜を見る会前日に、安倍事務所が開いた前夜祭だ。それは、安倍後援会の支援者が参加していたが、その代金が5000円なので、一流ホテルでありえず、その差額を安倍事務所が負担し、公職選挙法に触れるという指摘があった。しかし、野党もホテルでパーティをしているはずで、一人あたり2000円くらいで人数分の食事を出さずに立食パーティができることを知っていて、奇妙な追及だった。

   次には、前夜祭の収支が収支報告書に記載されていないので、政治資金規正法違反という指摘もあった。しかし、前夜祭参加者宛でホテルが発行した領収書がでてくると、参加者はホテルとの直接取引ということが明らかになり、政治資金規正法違反は無理筋になった。しかし、それでも、追及が続き、ついには前夜祭で安倍首相は会費5000円を払ったかどうかまで矮小化した話になった。いずれにしても、法的問題については、市民団体からの告発もあり、いずれはっきりするに違いない。

   今の段階でも、まだワイドショーでは話題になっている。週刊誌では、「『桜を見る会』に旅費支出の疑い」がある。新たな証拠を入手したといい、安倍首相が代表の自由民主党山口県第四選挙区支部充ての旅行会社の領収書だ。しかし、これは、第四支部の収支報告書に添付されていたもので、既に公表済みのものだ。

   これを、前夜祭参加者宛にホテルが発行した領収書とあわせてみると、安倍後援会参加者はホテルとの直接取引なので収支報告書に記載はなく、安倍事務所スタッフは事務所負担で収支報告書に記載がある。前夜祭の経理が適切になされており、いずれも適法であることがわかる。文春は「安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ない」のは疑惑というが、その前をみるとこれは「参加者の自己負担」分なので、安倍首相の発言に食い違いはない。それを、週刊誌は「疑い」という表現で、印象操作をしているようだ。

まるで「シュレッダーを見る会」のよう

   他にも、シュレッダー疑惑もあるという。共産党から資料要求があった5月9日に招待名簿をシュレッダーで廃棄したことから、野党は国会での追及を避けるために意図的に廃棄したとみている。

   ただし、このシュレッダーは予約制で、予約日が資料要求日と同じなら問題だろうが、予約日は連休前なので、野党のロジックは破綻している。しかも、わざわざシュレッダーを野党議員が視察する必要もないだろう。まるで「シュレッダーを見る会」のようだ。

   桜を見る会に、過去には反社会勢力の人も参加していたという批判もある。たしかに、招待基準が甘いと問題の人も入る余地があるので、前回の本コラムで書いたように招待基準の見直しは是非行うべきだ。


++ 高橋洋一プロフィール
高橋洋一(たかはし よういち) 元内閣参事官、現「政策工房」会長 1955年生まれ。80年に大蔵省に入省、2006年からは内閣参事官も務めた。07年、いわゆる「埋蔵金」を指摘し注目された。08年に退官。10年から嘉悦大学教授。著書に「さらば財務省!」(講談社)、「『バカ』を一撃で倒すニッポンの大正解」(ビジネス社)、「韓国、ウソの代償」(扶桑社)など。


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中