2019年 12月 10日 (火)

「中国人は採用しません」投稿の東大特任准教授 ツイッターで謝罪、「AIの『過学習』」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京大学大学院情報学環・学際情報学府特任教授で、AI開発などを行う「Daisy」代表取締役の大澤昇平氏が自身のツイッターに、「弊社Daisyでは中国人は採用しません」などと書き込みをした問題で、同氏は2019年12月1日、ツイッターに謝罪文を発表した。

   「当職による行き過ぎた言動が、皆様方にご迷惑、不快感を与えた点について、深く陳謝します」としつつも、「一連のツイートの中で当職が言及した、特定国籍の人々の能力に関する当社の判断は、限られたデータにAIが適合し過ぎた結果である『過学習』によるもの」と説明した。

  • 大澤昇平氏の謝罪ツイートより
    大澤昇平氏の謝罪ツイートより

「AIが適合し過ぎた結果」

   大澤氏は、12月1日13時にツイートを更新。「Apology」と題した文で同氏は、「この度は当職による行き過ぎた言動が、皆様方にご迷惑、不快感を与えた点について、深く陳謝します」とお詫び。一方で、「一連のツイートの中で当職が言及した、特定国籍の人々の能力に関する当社の判断は、限られたデータにAIが適合し過ぎた結果である『過学習』によるものです」と主張した。

   その後では、「誤解のおそれのあると見られるツイートを削除し、今後は本業と関係のないツイートは自粛します」とつづり、「二度と特定の人々に悲しい思いをさせぬよう、諸先輩方のお力添えを受けつつ、人権、歴史、社会について勉強をし直す所存です。何卒、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします」と気持ちを新たにする一方、「当職は自由こそがイノベーションを生み、人類を発展させると信じてきました。世界は自由でなければならず、独裁は許されないことです。まして、それによって人々の自由が制限されたり、財産が奪われたりすることには不寛容であるべきです」と指摘していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中