2021年 9月 18日 (土)

ビールに近い味わいなのに「お腹まわりの脂肪を減らす」?!  機能性表示食品の「キリン カラダFREE」が画期的である理由

「機能の魅力」が人気の理由。夕食時、運動後など飲用シーンもさまざま

出典:キリン調べ(N=112)
出典:キリン調べ(N=112)

   カラダFREE発売後、112人を対象にしたキリンの調査によると、消費者の購入理由のトップは「機能が魅力的だった」ことで40%を超えた。「健康に良さそうだった」ことも3番目に多く35%以上。購入者層では、男女ともに20~30代の若年層より40~50代の中高年から大きな支持を得ている。

   機能への期待が高いのと同時に、ビールに近い味わいで、すっきりゴクゴク飲めるおいしさで、高い評価を得ている。飲用者112人による味覚評価で、90.2%がカラダFREEを「おいしい」と答えた。夕食のおともにもピッタリといえる。

   「お腹まわりの脂肪が気になってきた。でも仕事が忙しいし、どうすれば...」。そんな中高年にとって、1日1本のカラダFREEは手軽に始められそうだ。ノンアルだから夕食に限らず、朝や昼でも飲むことができる。運動後、ビールの代わりに喉をうるおす1杯としても丁度いい。

   キリンがノンアルビールとして画期的な商品だと胸を張って送り出したカラダFREE。バランスの良い食生活に組み合わせて飲むことで、新たな健康習慣になるかもしれない。

「キリン カラダFREE」の購入はこちらから。

news_20191205103920.png
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック