2020年 10月 30日 (金)

社長逮捕のガイナックスの今 エヴァは過去の話、新作とは無関係

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

「責任者は外出して戻らない」

    ガイナックスからは、同社の名前を付けた会社が次々に設立されており、そのうちの1つ「ガイナ」は、「トップをねらえ3」など新作アニメを手がけ、アニメ監督としても知られる山賀氏が制作を進めている。なお、ガイナは現在、ガイナックスとの関係はなくなっている。

    山賀氏は12月5日、自らのフェイスブックで、代わったばかりの新社長が逮捕されたことに驚いたとし、「事が被害者のいる事だけに軽率な発言はできないのですが、事件については全く知りません」と説明した。11月18日には、「『トップをねらえ3!』やっと第二話の脚本を書き終えたよ」と報告していた。

   それでは、現在のガイナックスは、一体どんなことをしているのだろうか。

    同社に12月6日、J-CASTニュースが取材すると、責任者は外出して戻らないといい、社員のスタッフが「女子寮のことなど初耳です」と当惑した様子で話した。

    現在はエヴァの新作制作などとは無関係なことを認めたうえで、使用料を払う契約を交わして、そのグッズなどを売っていると説明した。エヴァとは別の新作アニメ制作については、「これからあると思いますが、詳しくはお話できません」という。

    ちなみに、エヴァの制作は現在、庵野監督が社長を務めるカラーが行っており、「2020年6月公開予定の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作及び上映について、今般事件による影響はございません」とサイト上で説明した。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中