2020年 11月 28日 (土)

「する人」と「支える人」が喜びを分かち合えるよう... 鈴木大地スポーツ庁長官も立ち合い、ボランティア推進で3団体協定

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「する、見る」も大事であるが「支える」こともスポーツの醍醐味である――。

   2019年12月9日、スポーツ庁の鈴木大地長官の立ち合いのもと、スポーツボランティアの醸成に向けた「ボランティア活動の推進に関する協定書」調印式が東京・港区で行われた。協定は、日本スポーツ協会(JSPO)、笹川スポーツ財団(SSF)、日本スポーツボランティアネットワーク(JSVN)の3者で結ばれた。

  • 協定書の立会人となったスポーツ庁の鈴木大地長官
    協定書の立会人となったスポーツ庁の鈴木大地長官
  • 左からSSF、JSVNの理事長を兼任する渡邉一利氏、JSPOの伊藤雅俊会長、鈴木大地スポーツ庁長官
    左からSSF、JSVNの理事長を兼任する渡邉一利氏、JSPOの伊藤雅俊会長、鈴木大地スポーツ庁長官
  • 協定書の立会人となったスポーツ庁の鈴木大地長官
  • 左からSSF、JSVNの理事長を兼任する渡邉一利氏、JSPOの伊藤雅俊会長、鈴木大地スポーツ庁長官

ラグビーW杯の成功体験を後世に...

   立会人となった鈴木長官は、大成功に終わった「ラグビーW杯2019日本大会」を引き合いに出しながら、

「11月に閉幕したラグビーW杯において、代表の活躍のみならず、約1万3000人のボランティアの献身ぶりやホスピタリティー(歓待)が、世界中から称賛されました。2020東京オリンピック・パラリンピックには約8万人の募集に対して20万人もの応募があったと聞いています。本協定により、スポーツを『する人』と『支える人』が喜びを分かち合えることに期待します」

と、ボランティア活動の重要性について語った。

   SSF、JSVN両団体の理事長を務める渡邉一利氏は、

「2007年の第1回東京マラソンからボランティアの育成、当日のオペレーション等の基盤を作ってまいりました。ここで、あることを感じました。それは『ランナーの抽選に漏れた方』が、ボランティア活動を始めたんですね。すると、そこで仲間が増えることの喜び、活動の幅が広がる...ということを目の当たりにしてきました。逆に運動、スポーツは苦手だけれども、ボランティア活動をすることによって、スポーツの喜びを覚えた方が、数多くいるのも事実です」

と、大会を「支える」側もスポーツの喜びを共有できることを強調した。

   同協定の締結により、具体的にはJSPOがSSF、JSVNへスポーツ団体主催者を紹介する。SSFは「ボランティア関連調査結果の提供」、JSVNは「ボランティア運営ノウハウ等の提供」を行っていく予定だ。

   こういった活動を円滑に行い、中央競技団体、都道府県体育・スポーツ協会、国体開催自治体や日本スポーツマスターズ開催自治体などに落とし込んでいくことで、各地域でボランティアを募っていく。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中