2020年 11月 30日 (月)

ラグビー日本代表パレード現場が「ONE TEAM」に 普段は場所の取り合いの報道陣も...

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   令和最初となる師走の東京・丸の内が「ONE TEAM」に染まった――。

   「ラグビーW杯2019日本大会」で列島を熱狂の渦に巻き込んだラグビー日本代表選手が2019年12月11日、東京・丸の内で「感謝」のパレードを行った。平日の日中にもかかわらず、沿道に詰めかけたファンは約5万人(主催の日本ラグビーフットボール協会発表)。チームを牽引し続けたリーチ マイケル主将を筆頭に、選手28人が約800メートルを練り歩き、ファンと交流した。

  • ファンの声援に感極まり、涙を流す田中選手(中央)
    ファンの声援に感極まり、涙を流す田中選手(中央)
  • 東京・丸の内でパレードを行った「桜の戦士」ラグビー日本代表の選手たち
    東京・丸の内でパレードを行った「桜の戦士」ラグビー日本代表の選手たち
  • 沿道からも、多くのファンが声援を送った
    沿道からも、多くのファンが声援を送った
  • ファンの声援に感極まり、涙を流す田中選手(中央)
  • 東京・丸の内でパレードを行った「桜の戦士」ラグビー日本代表の選手たち
  • 沿道からも、多くのファンが声援を送った

同チームSOの後輩・田村優選手に頭をはたかれ...

   泣いた―。

   熱いものが、何度も、込み上げてきた――。

   166センチ、34歳のベテラン「小さな巨人」SH田中史朗選手が、人目をはばからず号泣した。昼下がりの東京・丸の内。日本最大のオフィス街に、約5万人ものファンが集まってくれたからだった。パレード序盤から感涙の止まらない田中選手は、

「もう、本当に...。こんだけ、たくさんの皆さんに集まっていただいて...。本当にうれしいです。今も、たくさんの子どもたちが応援してくれて『ありがとう』っていう言葉を言ってくれるのが、本当にうれしいです...」

   今季からトップリーグ(TL)のキヤノンに移籍。チームメイトとなった、同じく日本代表SOの田村優選手は、田中選手より後輩なのにもかかわらず、涙が止まらない先輩の頭を笑いながらはたいた。ニュージーランド出身のレメキ ロマノラヴァ選手(HONDA)からは、優しく肩を抱き寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中