2020年 1月 23日 (木)

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
「国会議員による人権侵害」請願書提出の背景にあるもの

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   臨時国会の会期末に近い2019年12月2日、原英史氏らを発起人とする「国会議員による不当な人権侵害(森ゆうこ参議院議員の懲罰とさらなる対策の検討)に関する請願書」が参院議長に提出された。しかし、日本維新の会、みんなの党は賛同したが、自民、公明、立憲民主、国民民主らは、事実上の反対である保留とのスタンスで、懲罰は見送られた。

   これに関連して、筆者も森ゆうこ参院議員らから国会審議などで誹謗中傷を受けた。11月13日付けの原英史氏から森ゆうこ議員への公開質問状があるので、それに基づいて説明しよう。

  • 請願書が参院議長に提出された
    請願書が参院議長に提出された

公開質問状を読み解く

   原氏からの公開質問状には、

<特区ビジネスコンサルティング社会社案内とされる資料について>
6、森議員の10月15日参議院予算委員会及び11月7日参議院農水委員会での配布資料のうち「出典:特区ビジネスコンサルティング会社案内より森ゆうこ事務所」とされるものには、髙橋洋一氏の氏名・顔写真などの記載があります。これについて、
・もとの資料は誰からどのように入手しましたか。
・資料の信ぴょう性をどのように確認しましたか。

という質問がある。

   筆者が、特区ビジネスコンサルティング社の顧問をし、その主催講演会で話している写真だ。実は、そこには、岸博幸慶大大学院教授の顔写真も掲載されている。筆者も岸氏もまったく身に覚えないことである。ネットではまじめに事実を探求する方もいる。それによれば、これらの写真は8年ほど前に行われた岸氏との対談のものである。

   また、

<質問通告について>
7、10月15日参議院予算委員会の質疑に関して、10月11日に、質問要旨を何時に誰に手交または送付しましたか。
8、10月15日参議院予算委員会の質疑に関して、森議員は、質問内容が事前に漏洩していたと指摘しました。根拠のひとつとして、髙橋洋一氏が質問の前のツイートで、森議員の配布資料(上記6)に言及したことをあげていました。しかし、これはツイート時刻の変造(サンフランシスコ時間で表示されたもの)であり、日本時間では質問後のツイートだったことが判明しています。
森議員は、ツイート時刻の変造された資料を、誰からどのように入手しましたか。

という質問もある。

   筆者のツイッターのツイート時刻を変造したまま、柚木道義議員らはデタラメな国会質問を繰り返した。これについての顛末は、有志の「ツイート時刻変造問題調査チーム」が明らかにしている

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中