2020年 1月 22日 (水)

巨人に「髭、茶髪、長髪」解禁の日は来るか 鉄の掟「常に紳士たれ」今なお強固

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球の2019年シーズンの観客動員数が、昨年を上回った。一昔前と比べると観客層に変化がみられ、球場に足を運ぶ女性ファンが多くみられるようになった。

   選手もまた時代に沿って変化している。最近の選手はファッションセンスが洗礼され、「いま風」の服を上手く着こなしているものが多い。昭和の時代、野球選手の服装は「ダサい」と見る向きもあったが、時代とともに野球選手のファッションは大きく変わってきている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

私服センスにも注目が集まるが...

   12球団のなかでトップクラスの人気を誇る巨人だが、ファッションにおいてもオシャレな選手が多いことでも知られる。チームリーダーである坂本勇人(30)をはじめとし、女性人気が高い小林誠司(30)や陽岱鋼(32)らの私服姿がファンの間でたびたび話題にあがる。移動時のスーツ姿も注目され、洗礼されたファッションセンスは女性ファンの心をしっかりつかんでいる。

   一方で髪型に目を向けると、巨人において茶髪、長髪の選手は見当たらない。「常に紳士たれ」がモットーの巨人には「鉄の掟」が存在し、原則として「髭、茶髪、長髪」は禁止されている。過去には特例として髭を生やすことを認められた選手もいたが、基本的に巨人に所属する選手はこの「掟」を厳守しており、外国人選手も例外ではない。

   巨人の選手は社会人の「模範となるべき存在」という概念から髭や茶髪が禁止されているようだが、これに同調する監督もいる。代表的なのは名将・野村克也氏(84)だろう。野村氏は「野球選手はプレーで目立てばいい」との考えを持ち、過去に指揮を執ってきた球団で髭や茶髪を禁止してきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中