2020年 11月 25日 (水)

メキシコ勢またも体重超過 ネリ、グティエレスに続きチャベスJr...巨額罰金も失態防げず

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米アリゾナ州で予定されているボクシングのスーパーミドル級12回戦の計量が2019年12月19日、現地で行われ、元WBCミドル級王者フリオ・セサール・チャベスJr(33)=メキシコ=が契約体重168ポンド(76.2キロ)を2キロ以上超える体重超過を犯した。

   海外専門メディア「Fightnews.com」は、チャベスJrが対戦相手のダニエル・ジェイコブス(32)=米国=に罰金100万ドル(約1億1000万円)を支払い試合が行われると報じている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

ドーピング検査拒否で会場がネバダ州からアリゾナ州へ

   またしてもチャベスJrが体重超過の失態を犯した。この試合は当初スーパーミドル級リミットの168ポンド(76.2キロ)で行われる予定で、ジェイコブスは167.8ポンド(76.1キロ)でクリア。対するチャベスJrは契約体重を2.1キロオーバーの172.7ポンド(78.3キロ)だった。世界2階級制覇を目指すミドル級の元世界王者による一戦は世界的に注目されていたが、チャベスJrの失態によりケチがついてしまった。

   チャベスJrは体重超過の「常習犯」で、これまでも契約体重を守らずにリングに上がることがあった。また、ドーピング違反疑惑がつきまとう。この試合は当初、米ネバダ州で開催される計画だったが、ネバダ州アスレチック・コミッションが義務付けているドーピング検査を拒否したため、会場をアリゾナ州に移して行われることになったという経緯がある。

   今年11月から12月にかけて世界レベルの試合でメキシコ人ボクサーの体重超過が相次いでいる。11月23日に予定されていたWBC世界バンタム級指名挑戦者決定戦ではルイス・ネリ(25)=メキシコ=が体重超過。さらに11月30日に予定されていたWBC世界スーパーフェザー級指名挑戦者決定戦の計量でアンドレ・グティエレス(26)=メキシコ=が11ポンド(約5キロ)もオーバーする失態を犯している。そして今回のチャベスJrである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中