2020年 8月 12日 (水)

「コンビニで嫌韓される?」韓国人YouTuberが投稿→拡散 店長反論「削除を求めたい」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   大阪市内のコンビニで店員から「嫌韓」めいた発言をされたとして、韓国人ユーチューバーの男性が動画を投稿し、韓国のネットメディアもそのことを報じている。

   店員は、客に対してタメ口だったと主張するが、実際はどうなのか。店側に話を聞いた。

  • 韓国人ユーチューバーが再び動画投稿(写真はイメージ)
    韓国人ユーチューバーが再び動画投稿(写真はイメージ)
  • 韓国人ユーチューバーが再び動画投稿(写真はイメージ)

「タッチ」と言われ、「『タッチして下さい』じゃないの?」

   「片言でいいの?」。客の韓国人男性がレジでこう男性店員に日本語でクレームを入れると、店員は、思わず「えっ?」と返す。

   このユーチューバー男性は2019年12月21日、店員とのやり取りを撮った4分強の動画を自らのチャンネルにアップした。「大阪コンビニで嫌韓される?? 韓国人を無視する日本人店員に真の教育!!」(原題は韓国語)のタイトルが付いている。

   男性は、お酒などを買いにこのコンビニに入り、カゴに入れてレジに向かった。そこで、店員は商品をレジに読み込ませながら、「タッチ」と男性に指示する。その後、男性と店員が先の会話を交わし、店員は、「分からないかなと思って」と説明したが、男性は、日本語でこう注文を付けた。

「分かんない人には、片言でいいの? 『タッチして下さい』じゃないの?」

   これに対し、店員は、「そうですね」と言い、男性は、不満そうに買ったお酒などを持って店を出ていた。

   ユーチューバー男性は、大阪市内のお好み焼き店で4月、動画撮影を店員に注意されて「嫌韓される!」と逆ギレし、店長を呼んで店員を謝罪させる騒ぎを起こしている。一連の経緯は、J-CASTニュースも当時、「韓国人YouTuber、店員に注意され『嫌韓される!』 約300万再生、お好み焼き店は『動画配信禁止』」のタイトルで紹介した。男性のチャンネルは、現在10万人近い登録者がおり、この過去の動画がトップに置かれ、当時の倍近い約500万回も再生されている状態だ。

   今回の動画は、韓国の一部ネットメディアも取り上げ、店内で最初、韓国語を話していたら店員がタメ口で応対したと批判的に報じた。動画のコメント欄には、韓国人とみられる人から共感のコメントが続々書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中