2020年 8月 11日 (火)

「ピエール・沢尻と同じ誕生日」で明石家サンタで鐘が鳴った!!

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2019年12月25日未明に放送された「明石家サンタ 史上最大のクリスマスプレゼントショー」(フジテレビ系)について、その「合格判定」が話題になっている。

   同番組は1990年から毎年12月25日未明に放送されるクリスマスを祝う視聴者参加型番組(年によっては例外あり)。一般視聴者が電話で今年1年の「不幸エピソード」をスタジオにいる司会の明石家さんまさん(64)に明かし、その話が面白いと判断された場合はさんまさんが鐘を鳴らし、プレゼントを獲得できるというルールで人気を博している。この日も例年通り、プレゼントの贈呈が順調に進んでいったが、視聴者が注目したのは番組放送開始から56分ほど時間がたった時に電話がつながった、とある視聴者についてだった。

  • その偶然性を評価した!?
    その偶然性を評価した!?
  • その偶然性を評価した!?

「私は4月8日生まれなんですけど...」

   CM明けの直後に電話がつながると、さんまさんは「分かりますでしょうか?」と電話の向こうの反応を確認。「分かります」と応じ、「匿名希望で」と明かしたのは、東京都に住む30代主婦を名乗る女性だった。女性はさっそく、「私は4月8日生まれなんですけど、ピエール瀧さんと、沢尻エリカさんと同じ誕生日なんです」と明かしたのだった。

   すると、さんまさんは「嘘やん!」「沢尻さんとピエールさん一緒なの!?」と驚きつつ、鐘を鳴らした。隣に座るアシスタントの中野美奈子さん(40)も「凄い! 合格です!」と驚く中、併せてさんまさんは、「あー、それ知らんかった!」と目をパチクリ。加え、「誕生日のせいではないでしょうけど」と、その偶然性を愛でつつ、「おたくは大丈夫ですよね」と突っ込んだ。このツッコミに対し、女性は大笑いしながらプレゼントの8番を選択。その結果、番組オリジナル絵本である「明石家サンタの贈り物」と、さんまさんが監督し、1989年に発売されたアニメ「サンタクロース捕まえた」のVHSを獲得したのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中