2020年 1月 29日 (水)

紅白で「限界突破」メドレー披露の氷川きよし 2019年の変貌にかけた思い

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大みそか恒例のNHK紅白歌合戦のリハーサルが2019年12月28日に東京・渋谷のNHKホールで始まり、20年連続で出場する氷川きよしさん(42)も登場。報道陣に対して、放送当日の見どころや、デビュー20周年の2019年に起きた自身の変化について語った。

  • 氷川きよしさん
    氷川きよしさん

「紅組のような白組のような」「『きよし君』よりも『きーちゃん』」

   17年、それまでの演歌歌手のイメージを打ち破り、アニメ「ドラゴンボール超」オープニングテーマ「限界突破×サバイバー」をリリースした氷川さん。19年はビジュアル系の衣装で大規模アニメソングライブ「Animelo Summer Live 2019」(アニサマ)に出演してアニメファンを驚かせた。また開設したインスタグラムでウエディングドレス姿の写真を投稿するなど中性的な美しさで注目されると、従来の「きよし君」に加えて「きーちゃん」という愛称も生まれ、「演歌歌手」「男らしさ」の壁を突破しつつある。

   氷川さんは「紅白限界突破スペシャルメドレー」を歌唱する予定だが、28日のリハーサルは報道陣には非公開で行われた。詳細な曲目については「『限界突破サバイバー』と『大丈夫』(19年の氷川さんの演歌新曲)を歌わせてもらいます」とするにとどめ、演出は「すごいことになるんですよ。緊張して震えて...大変なことになるんで」と語り、衣装のコンセプトも「紅組のような白組のような...」と本番に期待を持たせ、演歌歌手としての「きよし君」よりも「きーちゃん」が前面に出た紅白になるだろうとも語った。

カテゴライズ、当てはめの中でやっていくのは「すごく苦しい」

   氷川さんにとってデビュー20周年を迎えた19年は、今までで一番「限界を突破」した年だったという。

「今までの氷川きよしはバックボーンとして一生懸命やってきたのですけど、これからは時代も変わって自分らしく、ありのままの姿で音楽を表現したい」
「どうしても人間ってカテゴライズしたくなって、あてはめようとする傾向があると思うのですけど、その中でやっていくのはすごく苦しいので、『限界突破』でいつかこの素晴らしい紅白に出れたらいいなという夢があって、そのために今年の始めから自分の中で決意して、持っているものをもっと活かせられればという思いで歌ってきた」

と「限界突破×サバイバー」を歌い続けた気持ちを告白し、

「後世の若い人たにも、自分の限界を決めないで負けないで一緒に頑張ろうという思いで自分自身とも戦ってきて、使命感を感じますし、だれも道を切り開いてないとこを切り開く気持ちで」

との思いでいた年だったと語った。また

「まだまだ自分らしさは出ていなくて...美のことととか子供のときから好きで、そういった好きなものをのばしてあげたいなと。自分自身の個性を大事にして、人に励ましを送りつづけられるアーティストでいたいなと思います。ワードにはまりたくないタイプなので、楽しんで歌えたらいいなと」

と、歌手活動に限らず、氷川さんがまだ見せていない素顔をこれから見せていく可能性にも触れた。

(J-CASTニュース編集部 大宮高史)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中