2020年 1月 29日 (水)

海外でも紅白歌合戦 嵐・櫻井翔、中国ファンに「同じ時間一緒に楽しめたら」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NHK紅白歌合戦に出場する歌手の中には、中国や台湾をはじめとする東アジア圏で活躍するグループも多く、リハーサル後での囲み取材でも海外を意識した発言が相次いだ。

   紅白歌合戦は国外でも生放送されており、嵐の櫻井翔さん(37)は「同じ時間を一緒に楽しめたら」などと国外のファンに呼びかけた。

  • 紅白歌合戦は100カ国・地域以上で生放送されている。嵐の櫻井翔さん(37)は国外のファンに「同じ時間を一緒に楽しめたら」などと呼びかけた
    紅白歌合戦は100カ国・地域以上で生放送されている。嵐の櫻井翔さん(37)は国外のファンに「同じ時間を一緒に楽しめたら」などと呼びかけた
  • AKB48は海外の8グループのエースを交えて「恋するフォーチュンクッキー」を披露する
    AKB48は海外の8グループのエースを交えて「恋するフォーチュンクッキー」を披露する
  • Hey! Say! JUMPは、7年ぶりの台湾公演に言及した
    Hey! Say! JUMPは、7年ぶりの台湾公演に言及した

NHK見られるホテルに泊まり込んで「紅白鑑賞会」

   紅白歌合戦は、海外向け有料チャンネル「NHKワールド・プレミアム」を通じて、海外100カ国以上の国・地域のケーブルテレビや衛星放送で見られる。アジアを中心に、比較的グレードの高いホテルでは「NHKワールド・プレミアム」と契約しているところも多い。ラジオでも、国際放送「NHKワールド・ラジオ日本」を通じて、短波や衛星ラジオでも聞くことができる。

   特に日本のアイドルファンが多いとみられるのが中国だ。NHKワールド・プレミアムが見られるホテルに泊まり込んで「紅白鑑賞会」を開く熱心なファンも珍しくない。

   こういったことを念頭に、2019年12月29日に行われた嵐の囲み取材でJ-CASTニュースの中国語版担当の中国人記者が

「紅白のパフォーマンスを中国でも沢山のファンが楽しみにしている。中国のファンに向けて一言」

   とメッセージを求めたところ、櫻井さんは、多くの中国人ファンが嵐のコンサートに来たり、嵐が20年春に北京でコンサートを開いたりすることを挙げながら、

「紅白歌合戦、生放送ですし、色々な国にライブで届いてますから、同じ時間を、日本と中国は離れているけれども、生放送ということで同じ時間を一緒に楽しめたらと思っています」

などと呼びかけた。記者の「ありがとうございます」という一言に、櫻井さんは「日本語でごめんなさい!」と応じた。

AKB48の上海メンバー「中国でも紅白は有名」

   AKB48グループも、19年1月にバンコク、8月に上海で海外姉妹グループとコラボした「アジアフェスティバル」を開くなど、海外に目を向ける。19年の紅白では、海外の8グループ(JKT48=ジャカルタ・BNK48=バンコク・MNL48=マニラ・AKB48 Team SH=上海・AKB48 Team TP=台北・SGO48=ホーチミンシティ・CGM48=チェンマイ・DEL48=デリー)のエースを交えて、18年にタイで大ヒットした「恋するフォーチュンクッキー」を披露することになっており、AKB48 Team SHのリュウネンさん(18)は、母国でも人気の紅白への思いを語った。

「紅白に来られて、とてもうれしい。『恋チュン』もすごく人気で、ここでパフォーマンスできることを楽しみにしている」
「中国でも紅白歌合戦はけっこう有名。沢山の人が見ており、有名な人が毎年出ているので、ミュージシャンが好きな人も見ており、人気がある」

Hey! Say! JUMP薮宏太、2019年の漢字が「空」だった理由

   Hey! Say! JUMPも、国外の活動に言及した。薮宏太さん(29)は2019年の漢字として「空」を挙げ、理由を

「台湾公演もさせていただいたし、海外に行く機会もあり、今回歌わせていただくのも『上を向いて歩こう』。台湾公演の中では久しぶりにフライングもさせていただいたし、空にジャニーさん(19年7月に死去したジャニー喜多川氏)も見守ってくれているのではないか」

などと説明。同グループは19年10月に台北市内で7年ぶりの台湾公演を開き、2日間で約2万2000人のファンが詰めかけた。台湾公演がグループの中で大きく位置づけられていたことがうかがえる。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中