2021年 5月 6日 (木)

刀剣乱舞、鬼滅...景品人気「過熱」で転売大量 コラボのファミマ、ローソンに対応を聞いた【追記あり】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

関係者が転売?疑惑をファミマ「現在調査」

    それは、メルカリに出品したクリアポスターの画像で、ポスターの後ろにファミマの内部資料のような書類が写っていたからだ。

    書類を見ると、「『当り棒分返品』と記載する」「検収印」などと記された見本用らしきものと、品番に続いて「おでん」「おむすび」「サラダ」「スナック」などと書かれた表らしきものがあった。

    ポスター全5種類のセットが700円で出品されて売れ切れており、愛知県から発送されていた。

    送料は出品者負担。5種類集めようとすれば、店で対象商品を計10個買わねばならないが、この価格では割に合わないなどとして、店の関係者が出品したのではないかとの指摘が出ている。この出品者は、ほかにもファミマの別のキャンペーン景品や商品引換券などを大量にメルカリに出していた。

    ファミリーマートの広報部は、店の関係者が出品しているケースがあるかについて、J-CASTニュースの取材にこう答えた。

「ネット上の指摘は把握しており、現在調査しているところです。その結果が分かり次第、適切に対処したいと考えています」

    ポスターの転売が相次いでいることについても、「今後も適切に対処したいと考えています」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中