2020年 11月 26日 (木)

カネロ次戦は「5・2」が有力 ミドル級なら村田諒太も対戦候補に

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ボクシングのWBA世界ミドル、スーパーミドル級王者の「カネロ」ことサウル・アルバレス(29)=メキシコ=の次戦が2020年5月2日に行われることが有力となった。海外メディア「NotiFight」が報じた。

   アルバレスをプロモートするゴールデンボーイプロモーションズのエリック・ゴメス氏が「ESPN」のインタビューに答えたもので、対戦相手や階級、開催場所などは未定だという。

  • 村田諒太(2018年撮影)
    村田諒太(2018年撮影)
  • 村田諒太(2018年撮影)

「スーパーミドル級がベストだと思う」

   世界の重量級の「中心」にいるアルバレスの今年初戦に関して具体的な日にちが浮上した。ゴメス氏が「ESPN」のインタビューに答えたところによると、5月2日が有力だという。階級は現時点で確定しておらず、ミドル級、スーパーミドル級、ライトヘビー級のいずれかで試合が行われることになりそうだ。

   現在、アルバレスはミドル級とスーパーミドル級のベルトを保持している。昨年11月に獲得したWBO世界ライトヘビー級の王座はすでに返上している。アルバレスがどの階級でリングに上がるかは、世界が注目するところだが、ゴメス氏はあくまでも私的な意見として「彼のキャリアの中でスーパーミドル級がベストだと思う」と述べている。

   ただ、次戦に関してはミドル級、スーパーミドル級、ライトヘビー級のうち、どの階級でも戦う可能性があるとしており、ゴメス氏は「彼は特別な位置におり、160ポンド(ミドル級リミット)から175ポンド(ライトヘビー級リミット)のどの階級でも戦うことができる」とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中