2020年 10月 22日 (木)

東京オートサロン、今回の目玉は? 国内外各社が出展、参加者も熱視線

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   カスタムカーやチューニングカーの祭典「東京オートサロン」が2020年1月10~12日、千葉市美浜区の幕張メッセ(日本コンベンションセンター)で開かれた。

   今回は国内外の自動車メーカー十数社が出展。このうちボルボ・カー・ジャパンは、東京オートサロンに初出展となった。ボルボは「ポールスター」のチューニングによるハイパフォーマンスカー「Polestar Engineered」を展示し、注目を集めた。

  • 自動車ファンからの熱視線が注がれた
    自動車ファンからの熱視線が注がれた
  • 多くの来場者で盛り上がる
    多くの来場者で盛り上がる
  • 自動車ファンからの熱視線が注がれた
  • 多くの来場者で盛り上がる

国内メーカーの展示にも注目が

   ルノー・ジャポンは「メガーヌ R.S. トロフィーR」を展示。このモデルは2019年4月5日、独ニュルブルクリンクサーキットで量産FF車最速となる7分40秒100を記録した。

   日本メーカーもトヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、マツダ、SUBARU(スバル)、三菱自動車、ダイハツ工業、スズキが多数のコンセプトカーやチューニングカーを出展した。

   トヨタは「GRヤリス」を世界初公開。「GRスープラ」に続き、「TOYOTA GAZOO Racing(TGR)」が展開するスポーツカー「GR」シリーズの第2弾だ。

   トヨタは世界ラリー選手権(WRC)に2017年に参戦復帰し、2018年はマニュファクチャラー(製造メーカー)選手権、2019年はドライバー選手権などのタイトルを獲得した。GRヤリスは「TGRがWRCで学び・鍛えた知見を惜しみなく投入したモデル」というだけに、モータースポーツファンの注目を集めた。

   このほか、日産は「スカイライン400R」のスプリントコンセプトなどを出品。スバルは新型「レヴォーグ」のプロトタイプや「WRX S4」と「BRZ」の「STIスポーツ」仕様のカスタムコンセプトを出品。いずれも市販される可能性の高いモデルとしてファンの関心が高かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中