2020年 2月 18日 (火)

松坂、岩隈、内海...正念場迎えるベテランたち 再起への「チャンス」がありそうなのは...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   一時代を築いた投手たちが背水の陣を迎えている。

   中日を退団して古巣・西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔、移籍初年度に1軍登板なしに終わった巨人・岩隈久志、西武・内海哲也だ。

  • 松坂、内海が所属する西武。ベテランの活躍に期待(イメージ)
    松坂、内海が所属する西武。ベテランの活躍に期待(イメージ)

西武は先発コマ不足...再び輝けるか

   最もチャンスがあるのは松坂かもしれない。2020年2月の春季キャンプで主力中心のA班からスタートが決定。2019年は2月の春季キャンプで右肩に違和感を覚えて出遅れたのが響き、1軍登板は2試合に終わった。7月27日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に先発も1回8安打8失点KOを喫し、限界説もささやかれた。

   ただ、松坂はこれ以上の試練を乗り越えてきた。メジャーから日本球界に復帰したソフトバンクの3年間で度重なる右肩痛に苦しみ、1軍登板は16年の1試合のみに終わった。「松坂は終わった」という声がささやかれた中、18年にテスト入団した中日で6勝をマーク。カムバック賞を受賞して多くの野球ファンの心を揺さぶった。

   絶対的エースとして活躍した西武に復帰し、ファンからは歓迎の声が多い。リーグ連覇を達成したが、先発ローテーションはコマ不足に悩まされている。松坂にも十分チャンスはあるだろう。

   メジャーから昨季日本球界に復帰した巨人・岩隈も昨季は不完全燃焼だった。2月の春季キャンプで1軍スタートだったが右肩のリハビリが長引いて状態が上がらず。8月下旬にファームで実戦登板したが、新人時代の00年以来の一軍登板なしに終わった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中