2020年 11月 26日 (木)

「やめるときも、すこやかなるときも」SNSで初回好評 キスマイ藤ヶ谷主演...「やめすこ」略称も

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さん(32)が主演を務める「やめるときも、すこやかなるときも」(日本テレビ系)が、2020年1月21日未明に放送された。

   同ドラマは作家の窪美澄氏の同名小説が原作。藤ヶ谷さん演じる家具職人の須藤壱晴が、広告代理店に勤務する本橋桜子(奈緒さん=24)と出会い、人間的に成長していく様子を描く作品だ。第1回では自らの仕事の出来栄えに苦悩する日々を送っていた須藤が桜子と出会う様子が描かれたが、視聴者からは早速絶賛する声が上がっている。

  • 「やめるときも、すこやかなるときも」公式ツイッターから
    「やめるときも、すこやかなるときも」公式ツイッターから
  • 「やめるときも、すこやかなるときも」公式ツイッターから

「30分なのね...あっという間でした」

   荒廃した家庭環境から逃れるべく結婚を急ぐも、付き合い始めの男に捨てられて同僚の結婚式でやけ酒を煽っていた桜子は、会場外のテラスで涼んでいた須藤と「運命の出会い」を果たす。 会場を抜け出して飲みに行った2人だったが、2人とも飲みすぎていたため、その後は何もなし。せっかくの出会いを無駄にしてしまい苦虫をかみつぶす桜子だったが、後日、仕事でとある家具製作所を訪れると、そこには家具職人として働く須藤の姿が。偶然の再会を一瞬は顔をほころばせた桜子だったが、須藤も泥酔していたため、桜子とのことは記憶にないと告げられ、意気消沈してしまうのだった。

   これらの展開に対し、ネット上では藤ヶ谷さんのファンから第1回の内容を絶賛する声が続々。「頑張ってリアタイしました 30分なのね...あっという間でした」と、眠い目をこすりつつ第1回を楽しんだとする声が続々と上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中