2022年 1月 20日 (木)

深海魚ラブカの死、朝日新聞の撮影が影響?憶測広がる 水族館は否定的「フラッシュなくても...」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「フラッシュ使用を含め、水族館の指導に従った」

   飼育員によると、ラブカの報道発表時には、朝日を含めマスコミ数社がフラッシュ撮影をしていた。水族館では、記録を残すことを優先に考えて、フラッシュ撮影を止めなかったそうだ。

   ネット上で騒ぎになったことから、朝日から水族館に「うちがご迷惑をかけたのでは?」と問い合わせがあったという。一方、飼育員は、ラブカはフラッシュ撮影ですぐに死ぬほど敏感ではないとして、その影響に否定的な見方をしている。

   ただ、一部の展示でフラッシュ撮影を禁じており、今回のラブカについても、一般公開では、「フラッシュ撮影はご遠慮下さい」との内容の掲示を出していた。このことについて、「元々フラッシュ禁止の場所ではありませんでしたが、念のために禁止にしました」と説明している。

   水族館では、ラブカについて、「残念ながら長くはもたないと思います」と公式ツイッターで明かしていたが、このことについても「何故展示した?」「深海に帰して」と批判が寄せられている。

   これに対し、飼育員は、「同じ水深に戻せれば話は別ですが、海に返しても長く生きるのは無理だと思います。研究目的があり、一般の人に見てもらうのも意義があるはずです」と説明した。ラブカの標本は、和歌山県立自然博物館に寄贈する予定だ。

   朝日新聞の広報部は1月21日、フラッシュ撮影したことについて、取材にこうコメントした。

「ラブカの取材は、水族館の館長を含む専門家の指導・指示のもと、報道各社が行いました。弊社が取材した際も、フラッシュの使用など撮影方法を含め、水族館の指導に従いました」

   写真を差し替えたことについては、ラブカが体半分しか映っていなかったことから、「順番を入れ替えて、メインの写真をラブカの体全体に写っているものに変更しました」とした。フラッシュ撮影との直接的な関係は認めず、ネット上の批判については、「コメントは差し控えさせていただきます」としている。

   ただ、「朝日新聞デジタルに掲載後、読者から問い合わせがありましたので、水族館に改めて、取材時に撮影を認めた理由や経緯などについて、電話で確認しました」と説明した。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中