2020年 7月 9日 (木)

広瀬すずが「DEATH」と叫ぶ 「振り幅すごーぃ」演技にファン驚き

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   女優の広瀬すずさん(21)が主演する映画「一度死んでみた」(2020年3月20日公開)のMVが、1月22日に公開され、大きな反響を呼んでいる。

   同作は、これまで正統派女優の王道をひた走ってきたと言って良い広瀬さんが初めてコメディー映画の主演に挑戦するとのことで、ファンの間で大きな話題になっているが、22日に公開された20秒間のMVは、まさしくその呼び声にふさわしい内容となっている。

  • 広瀬すずさん(2016年撮影)
    広瀬すずさん(2016年撮影)
  • 広瀬すずさん(2016年撮影)

激しいヘッドバンキングを披露

   動画が始まるや、映し出されたのはライブハウスでバンドメンバーを引き連れて絶唱する広瀬さんの姿。デスメタルということで「DEATH」を連呼しつつ激しいヘッドバンキングを披露すると、観客たちはサイリウムを「ヲタ芸」の要領で振り回し、広瀬さんの歌声に呼応する......という、ファンキーさと同時にコミカルな雰囲気を漂わせる内容となっている。

   同作で広瀬さんが演じるのは、父親への反抗心から大学4年生になっても反抗期を引きずる女子大生・七瀬。父親への不満を日々のライブ活動で発散していたが、そんなある日、父親で製薬会社社長の計(堤真一さん=55)が「2日間だけ死んじゃう薬」で仮死状態に陥り、競合する製薬会社の陰謀で、そのまま火葬されそうになってしまう。そこで、大嫌いなはずの父親を生き返らせるため、計の部下・松岡(吉沢亮さん=25)と共に父親救出のために奔走する......というストーリーだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中