2020年 12月 5日 (土)

海外YouTuberのボクシング進出 レジェンド王者は苦言「サーカスではない」

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   人気ユーチューバーによるボクシングの試合について元世界6階級制覇のオスカー・デラホーヤ氏(46)が警鐘を鳴らした。海外専門サイト「ボクシングシーン」が報じている。

   ここ最近、海外の人気ユーチューバーがボクシング界に進出し、大きな話題となっている。ユーチューバーによる試合に関しては賛否両論あるなか、デラホーヤ氏は安全面などの理由から否定的な見解を示している。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

世界戦が前座扱いでファンから怒りの声

   デラホーヤ氏は具体的な名前や試合を出さずに持論を展開。「(ボクシングの試合をする)ユーチューバーはジョークと考えているかもしれないが、ボクシングは危険なスポーツでジョークではなくリアルだ。ボクサーはリングの上で命がかかっているし(ボクシングは)サーカスではない。このような試合はボクシングの価値を下げるだけだ」と語っている。

   昨年(2019年)11月、米ロサンゼルスで行われた人気ユーチューバーによるボクシングの試合が全米で大きな注目を浴びた。プロボクサーとしてリングに上がったのは、ユーチューブチャンネルの登録者数が2000万人を超える米国で人気のローガン・ポール。対するは英国人ユーチューバーのKSIだ。両者は2018年8月にエキシビションとして拳を交えており、これが再戦だった。試合はクルーザー級の6回戦で行われ、2-1の判定でKSIが勝利を収めた。

   技術的な問題は別として、両者ともにカリフォルニア州のコミッションからプロライセンスを取得しており、ルール上はなんら問題のないものだった。だが、ボクシング関係者やファンからは批判的な声は少なくなかった。なぜかといえば、この試合のアンダーカードに2つの世界戦が組み込まれたからだ。権威ある世界戦を前座扱いしたため、関係者、ファンから怒りを買ってしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中