2020年 9月 26日 (土)

徳勝龍「幕尻優勝」が持つ意味は... 33歳5か月、結びの一番で見せた「下剋上」

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   泣いた――。

   181センチ、188キロの大男が、人目をはばからず号泣した――。2020年1月26日に行われた令和初となる「大相撲初場所」(東京・両国国技館)で、幕尻の西前頭17枚目・徳勝龍が、千秋楽「結びの一番」で大関・貴景勝を寄り切りで下し、14勝1敗で初の幕内最高優勝を果たした。

  • スポーツ各紙は、徳勝龍の初優勝を1面で大々的に報じた
    スポーツ各紙は、徳勝龍の初優勝を1面で大々的に報じた
  • スポーツ各紙は、徳勝龍の初優勝を1面で大々的に報じた

「自分なんかが優勝していいんでしょうか?」に国技館も拍手喝采

   相撲担当の記者を何年か経験したこともある筆者だが、幕尻の関取が千秋楽の「結び」で大関を破って優勝を遂げたという場面は、記憶にない。27日付のスポーツ紙も1面で大きく報じ「史上最大の下克上」という見出しが、大きく踊った。

   記録づくめの初優勝だった。幕尻からの優勝は、2000年春場所の貴闘力以来、20年ぶり。また奈良県出身の力士としては、98年ぶりの快挙となった。放送していたNHKでは、地元の奈良と中継を結び、勝った瞬間の地元は大歓声が沸き起こった。徳勝龍は現在、33歳5か月。この年での初優勝は、大相撲の「年6場所制」が定着した1958年以降、3番目の遅さだ。下記が、歴代ベスト3である。

(1) 旭天鵬=37歳8カ月(2012年夏場所)
(2) 玉鷲=34歳2カ月(2019年初場所)
(3) 徳勝龍=33歳5か月(2020年初場所)

   旭天鵬、玉鷲はモンゴル出身で、徳勝龍は日本出身力士としては最年長初優勝記録更新となった。インタビューでは、涙を浮かべながら、

「自分なんかが、優勝していいんでしょうか?」

と話し、国技館内は爆笑、そして大きな拍手が巻き起こった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中