2020年 9月 26日 (土)

PFP最強王者の次戦に「村田諒太」急浮上の背景 日程、東京ドーム、配信会社...

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(34)=帝拳=とWBA世界スーパーミドル級、ミドル級スーパー王者サウル・アルバレス(29)=メキシコ=との対戦が現実味を帯びてきた。

   海外専門サイト「ボクシングニュース24」が報じている。同サイトによると、帝拳ジムの本田明彦会長と、村田を共同プロモートするトップランク社のボブ・アラム氏が5月の東京開催に向けて米国で会談の場をもつという。

  • 村田諒太(2018年撮影)
    村田諒太(2018年撮影)
  • 村田諒太(2018年撮影)

「村田に行ってしまった」

   ボクシング界のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強王者の次戦を巡り、海外メディアはこれまでミドル級、スーパーミドル級の各王者らの名前をピックアップしてきた。当初はWBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英国)、WBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)らとの対戦が有力視されていたが、ここにきて複数の海外メディアが村田との対戦の可能性を指摘している。

   専門サイト「ボクシングシーン」によると、WBA王者スミスが、アルバレスと村田の対戦の可能性の報道を受けて「ショックを受けている」という。スミスのトレーナーであるジョー・ギャラガー氏は「ビリー・ジョー(WBO王者)と同じようにカラムはショックを受けている。誰もがゴールデンチケットを持って待っていたが、村田に行ってしまった」とコメントしている。

   今後の交渉の流れは、本田会長とアラム氏の間で条件などの詳細を詰め、アルバレスをプロモートするゴールデンプロモーションズのオスカー・デラホーヤ氏と交渉に臨むとみられる。これにアルバレスと契約を結んでいる動画配信サービス「DAZN」の意向を含めて交渉が行われる見込みだ。「DAZN」は米国市場で苦戦を強いられており、アジアの市場拡大、なかでも日本市場の拡大を狙っていることから東京開催で合意する可能性は高い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中